芸能

自民党が熱視線!?指原莉乃「安倍総理のお気に入り」で参院選出馬の“可能性”

 安倍総理の3選も決まり、各党は来年夏の参院選へ向け候補者の選出に動き始めているが、参院選でお馴染みのタレント候補として浮上しているのが、HKT48の指原莉乃だという。

 指原といえば、プロデュースを含めたアーティスト活動の一方、今や「ワイドナショー」(フジテレビ系)などバラエティ番組などに引っ張りだこのトップアイドル。10月7日からは今田耕司とのMCでトーク番組「ピンポイント業界史」(テレビ朝日系)がスタートし、マクドナルド新商品のCMにも抜擢された。

「すでに国民の認知度は抜群。特に投票率が低い若者に対して絶大な発信力があることから、各党が注目しています。中でも自民党は、安倍総理の“お気に入り”だけに、打診する可能性が高い」(政治部記者)

 安倍総理は一昨年、「ワイドナショー」にゲスト出演した際、「出演者の中で一番政治家に向いているのは?」と質問され、指原を名指しした。理由についても、「ざっくばらんに言いたい放題言っているようで、超えてはいけないところを超えない」と具体的に示している。さらに昨年には、安倍総理が「ワイドナショー」出演者のダウンタウンの松本人志らとともに都内の焼き肉店へ会食に招いていたことも報じられた。

「当時も安倍総理に対して指原が、『頑張るぞ』などと発言したことから政界進出が囁かれましたが、その後キッパリと否定はしています。しかし、AKB48やライバルの乃木坂46からも卒業者が続出する中、最近は今後のあり方についていろいろと考え始めているようです。今年からAKBの選抜総選挙に出なくなったのも、悩んだあげくの一つの結論だったと聞いています」(芸能プロ関係者)

 しかし、そもそも参院選の被選挙権は30歳以上。現時点で指原は立候補することができないのだが、その事情も変わる可能性が高まっているという。

「選挙権年齢の引き下げに続き、自民党内では被選挙権年齢についても、国政と地方選挙で一律30歳以上から20歳以上への引き下げが議論されている。導入時期については、早ければ来年の統一地方選か参院選とも言われています。そうした動きがあることから、各党は“20歳以上のタレント候補”を洗い出しにかかっているんです」(前出・政治部記者)

 マクドナルド新商品の発表会に登場した際、グループの卒業について「考えるものはありますね」とした直後、「ノリで言ったものの本当に考えていない」と慌てた様子で訂正した指原。胸中は安倍総理直々の打診待ちか?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった