芸能

金子恵美、六角精児を公開ディスに「タレント転身狙いがあざとい!」の声

 元衆院議員の金子恵美氏が、俳優・六角精児の見た目をあげつらうディスりっぷりを発揮し、視聴者からの批判を浴びたようだ。10月11日放送の「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)では“夫VS妻16人大暴露SP”と題して、配偶者を持つ男女8人ずつのゲストが出演。「妻」の側で出演した金子氏は、この日が初対面の六角を何度となくディスったのである。

 まずは、雛形あきこの夫で俳優の天野浩成が、雛形が捨てた化粧品のビンなどを収集しているというドン引きエピソードを披露。ここでコメントを求められた金子氏は、「天野さんが言っているのでギリギリ聞けますけど、六角さんとかだとサスペンスドラマのワンシーンみたいになっちゃって」と言い放ったのである。

 さらに家事はいっさいしないという六角の話題になり、「去年1回だけお湯を沸かしたことあるんですけど」と、六角がドヤ顔を見せると、金子氏はすかさず「どの顔が言ってるんだ」とブッこみ。対する六角も「あなたは何かオレに文句でもあるのか!?」と反発だ。すると金子氏は「天野さんや杉浦(太陽)さんがそう言うならいいですけど、六角さんは…」とあからさまなルックス差別を展開。これには六角も、初対面の人にブサイクと言われるために来たんじゃないと、怒り心頭だったのである。

 そんな金子氏について、週刊誌の記者が解説する。

「衆院議員を2期務めるも、前回の選挙で落選した金子氏は今、地元の新潟には戻らず東京のマンションで暮らしています。夫の宮崎謙介氏は金子氏の妊娠中に不貞を働き、それが週刊誌にスッパ抜かれたことで衆院議員を辞職し、現在の二人はともに元議員という異色の夫婦。しかし宮崎は議員辞職の経緯がよろしくないことから、ふたたび出馬することは無理でしょう。それに対して金子氏は父親が元村長で、本人は新潟市議と新潟県議を経て衆院議員に転身しており、夫の不貞問題でも“愚かな夫を献身的に支える妻”としての姿をアピール。ママ議員として復活の目はありそうに思えますが、どうも当の本人には議員に戻る気がないようなのです」

 金子氏を巡っては六角へのひどすぎるディスりが叩かれる一方で、「元議員とは思えないほど美人」との声もある。そのルックスと経歴を活かして、「テレビタレントへの転身を図っているのでは」と、前置きして週刊誌の記者がいぶかる。

「金子氏は政治家になる前に『新潟県きものの女王』やミス日本の関東代表にも選ばれた美貌の持ち主。40歳で子持ちの現在も体型を維持しており、今回の出演でも鈴木奈々やモデルの近藤千尋といった芸能人に引けを取らない美人ぶりを発揮していました。それに政治活動で鍛えられたスピーチはお手の物ですし、強気な性格もテレビ向き。なにより元政治家で不貞された妻、そして子育て中などコメンテーターにうってつけの属性を多数備えています。その中にあえて“イケメン好き”というスパイスを混ぜ込むことで、ライバル不在のポジションを狙っている匂いがぷんぷんと漂ってきて、あざとさも感じてしまいますね」

 そんな金子氏に対して、共演の中山エミリは「人のご主人様のお話でアレですけど、絶対ちょっとネタにして、ウケとったりとかしてるんだろうなって思うと、イラっとします」と指摘していた。これぞまさに金子氏の狙い通りなのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報
2
深田恭子「“37歳”新・むっちりボディ」の秘密をバラす(1)バストサイズがボリュームアップ
3
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
4
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
5
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!