スポーツ

2018年プロ野球「覆面オフレコ座談会」(4)喫煙者ばかりの西武・山賊打線!

B パを制した西武打線が覚醒したのは、日本ハムから大谷翔平(24)が抜けたからだ、なんて声も。西武の選手がこぼしていたけど、去年までは対戦前に大谷のフリーバッティングを見せられて、えげつない飛距離とセンスに口があんぐり。「誰もかなわない‥‥」と戦意喪失していたってさ。

E(パ・リーグ担当記者) 橋上秀樹1軍作戦コーチ(52)の存在も大きかったようですよ。田辺徳雄前監督(52)時代には冷遇されていた橋上コーチを辻発彦監督(59)が重用して、分析した相手投手のデータが有効活用されるようになった。狙い球をしぼり、四球数や出塁率が一気にアップしたとか。

B ところで西武ってさ、主力野手は秋山翔吾(30)以外、みんなタバコ吸ってるよね。

E ええ。主砲の山川穂高(26)や中村剛也(35)はおろか、2年連続フル出場の源田壮亮(25)も。松井稼や栗山巧(35)といったベテラン勢まで例外なく喫煙者です。ベンチ裏の喫煙ルームは試合中も煙で充満して、外国人選手はタバコを吸わないとなじめない、とも言われてる。でも、そこで「相手ピッチャー、どうだった?」なんて会話を交わしているらしく、山賊打線の向上と一致団結に一役買ってるそうですよ。

A ただし、来季はエース・菊池雄星(27)のポスティング移籍、さっき名前の出た浅村のFAも控えているね。弱体化しないか?

B 雄星のメジャー挑戦は止められないし、浅村争奪戦も確実。相当なマネーゲームになるだろうね。巨人は新生・原政権の目玉にしたいだろうし、復権を狙うソフトバンクにしても、二塁は内野のウイークポイント。松田宣浩(35)が高齢だけに、(ソフトバンク移籍なら)サードへのコンバートもある。一説に巨人は陽とは7億円の5年契約だったとの情報もあるから、今季127打点の浅村なら8億円だっていけるかも。

A 浅村のFA移籍のカギを握ると言われる女性もいるね。テレビ中継で知り合って交際中という美人キャスターなんだけど、すでに浅村と暮らしているのか、「楽天からは声をかけられている」なんて、自慢げに隠密情報を言いふらしているというんだ。

D つきあうなら、口と財布のヒモが固い女にしないと(笑)。

E 3位に終わった日本ハムは、吉井理人投手コーチ(53)の変節が指摘されています。08~12年の在籍時は、斎藤佑樹(30)を開幕で起用するような栗山英樹監督(57)の「素人采配」に不満をため込んだ投手陣の兄貴分となって守っていた。辞める際も「自分は監督と仲よくできなかった」と捨てゼリフを吐いたほど。ところが日本ハムに復帰して3年目となりましたが、最近は監督にたてつかなくなったんです。

B それは俺も聞いた。今年も報道陣に監督の愚痴は言うんだけど、言うだけで意見を正そうとはしない。球団内での栗山評価が高まりすぎたからかね。

A 清宮幸太郎(19)だって、本当は今年は1軍に上げる予定はなかったんだって。でも栗山さんがそれを覆して使ったら、1年目でそこそこ打ったもんだから、また「栗山マジックだ!」なんて話になってるらしい。

<座談会メンバー>

A:スポーツ紙デスク/B:野球中継担当ディレクター/C:セ・リーグ担当記者/D:NPB関係者/E:パ・リーグ担当記者

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
真木よう子、「Gバストがお腹に乗ってる」なド迫力オフショットにファン騒然
2
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
3
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
4
本田望結、ボディ成長と美人化がどんどん進む!ファンも困惑の“ノビシロ”
5
真木よう子、「Gバストが白シャツを突き破りそう!」なコスプレ姿「健在破壊力」