芸能

「死んだら負け」松本人志が批判覚悟で訴えるメッセージに“ルーツ”があった!

 ダウンタウンの松本人志が10月17日、自身のツイッターアカウントを更新し、ご当地アイドルグループ「愛の葉Girls(えのはガールズ)」のメンバーで3月に自死した大本萌景さんについての“死んだら負け”との見解を変えるつもりはないと再度主張している。

 所属事務所からのパワハラや高圧的なメールのやり取りなどが次々に発覚し、精神的な疲弊の末に自死を選んだとされる大本さんについて、松本は10月14日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、所属事務所からの扱いが、自死の直接的な原因かどうかの明言はできないと前置きし、こうコメントした。

「こういうニュースを扱う時に、なかなか亡くなった人を責めづらいし、責められないよね。ついついかばってしまいがちなんだけど、やっぱり『死んだら負け』なんやってことをもっと皆が言わないと、死んだら皆がかばってくれるこの風潮がすごくイヤなんです」

 自死以外の手段を選ぶ必要があったとの見解を示したのだ。

 だが、松本の同番組内での発言に対しては賛否両論が飛び交い、ツイッターのリプライ欄にも様々な反論意見が寄せられた。そして、17日に改めて松本は〈自殺する子供をひとりでも減らすため【死んだら負け】をオレは言い続けるよ。。。〉とツイート。自死を選択することを“負け”だと主張する背景には、自死する子供を減らしたいという想いがあることも明かしている。

「確かに報道番組やワイドショーでは基本的に自死した方を責めたり、ましてや“自死は負け”といった表現をすることはありませんが、今回の松本の指摘が単なる“逆張り”ではないことは彼のコアなファンであれば自明なことでしょう。松本はツイッターでも『オレは言い続けるよ』と投稿していましたが、今回とまったく同じ自死者についての発言を10年以上も前に、当時放送されていたラジオ番組『放送室』(JFN系)の中で主張しており、自死することが『一番アカンってことを言い続けないとダメなんですよ』と熱弁していましたからね。今回の思い付きの発言ではないですよ」(テレビ誌ライター)

 松本がこれほどまでに自死という行為を“糾弾”するのは、学生時代の出来事に由来するという。

「『放送室』で、松本は学生時代に大嫌いだった教師がいたが、『その教師から一つだけ大事なことを学んだ』と振り返っています。それは、その教師による『この世で一番やったらアカンことが何か知ってるか? それは親よりも先に死ぬことや』という教訓で、松本はこの言葉に衝撃を受けたと振り返っていました。大本さんは追い詰められた末に自死を選んでしまったという経緯があるにせよ、松本にとってそれは“この世で最もアカンこと”として映ってしまったとも言えるでしょう」(前出・テレビ誌ライター)

 確かに生死を巡る是非についての考えは人それぞれではあろう。松本の場合は、この教師の話が、自分の中で、「親より先に死ぬことが一番アカン」ことなのに、ましてや「自分から死を選ぶこと」は「絶対アカン」ことだから“負け”という価値観として心に刻みつけられた。そして、それを“言い続ける”ことを選んだのかもしれない。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
2
鈴木紗理奈“吹き出物”告白に相次いだ「原因は木下優樹菜だろ」のヤユ!
3
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
4
クロちゃんのアイドルプロデュース企画に「最高すぎる!」ファン大絶賛のワケ
5
同棲報道、二宮和也と伊藤綾子が結婚前の“極秘出産計画”を進行中だって!?