スポーツ

2018年プロ野球「覆面オフレコ座談会」(2)巨人の目も当てられない補強失敗

A その巨人は、高橋由伸監督(43)の電撃辞任で世間を騒がせた。

C 球団は、新監督の就任が濃厚な原辰徳氏(60)が与えられた「球団特別顧問」のような有名無実の名誉職を由伸監督に打診しているようですが、球団のやり方に嫌気がさした本人は、知人に「もう残りたくない」と愚痴っていると聞きました。

B 気持ちはわかる。まだCS確定前の時期にフライング発表された格好だからね。忸怩たる思いはあるだろう。形の上では辞任だけど、球界関係者なら誰しも、あれが“クビ”だってことは、まるわかりだからね。

D(NPB関係者) 山口寿一オーナー(61)は「頼むから早く負けてくれ!」と祈っているようだ。日本一にでもなられたら、いい笑い者だしね。だからこそ逆に由伸監督はCS勝ち残りに執念を燃やしているとか。3位を決めた最終戦で、5点リードから9回に菅野智之(29)をリリーフ登板させたのもその表れだろうね。

B しかし今年も、お得意の大型補強のアテがみごとに外れたな。西武からFAで獲った野上亮磨(31)なんて、単なる敗戦処理だよ。

A 特にここ数年、FAに関しては「巨人に行ったらダメになる」が選手たちの間でもっぱらの評判だ。陽岱鋼(31)、山口俊(31)、森福允彦(32)‥‥誰が活躍した?

B 推定2年総額8億円で獲得したゲレーロ(31)もさっぱり。代理人のスコット・ボラスにハメられたね。今、外国人の代理人は、活躍したらまず巨人に吹っかけるんだよ。そのまま高額で巨人に売るか、巨人の提示をもとにマネーゲームに持ち込んで第3球団に決める、というのが方程式だから。

A 今オフも原さんが「西武の浅村栄斗(27)が欲しい」と言えば、懲りずにいくだろう。原さん子飼いのメディア関係者X氏が動くんじゃないか。西武には顔が利くからな。結果的に失敗したけど、かつて松井稼頭央(42)がFA宣言した際も「原さんが来てくれって言ってる」と声がけをしていた。

C X氏といえば、原さんの就任が決まるや否や、かつて起用法を巡って原さんと対立した上原浩治(43)との間を取り持って、雪解けさせたと言われてる。

A でも、球団との確執を考えると、今季、上原が巨人に復帰したことがそもそも不思議だよな。堀内恒夫元監督(70)時代、ポスティングでのメジャー移籍を訴えて「契約金も全部返す」とまで言ったわけだから。

B 思い出した!それで、ポスティングを認めない巨人が、上原を国内の他球団にトレードで出そうとしたんだ。

A 実際、ロッテと1対3のトレードがまとまりかけたんだよ。ロッテは1~2年後のポスティング移籍を容認するという内容だったけど、結局は流れたね。

<座談会メンバー>

A:スポーツ紙デスク/B:野球中継担当ディレクター/C:セ・リーグ担当記者/D:NPB関係者/E:パ・リーグ担当記者

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
3
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
4
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性