芸能

天才テリー伊藤対談「大原がおり」(1)テリーさんのせいで下ネタの耐性が

●ゲスト:大原がおり(おおはら・がおり) 1976年、東京都生まれ。96年、「大原かおり」の芸名でグラビアデビュー。97年4月スタートのテレビ東京系バラエティで3代目ポリスとして人気を集める。以降、多くのグラビアやバラエティー番組、ラジオ番組などに出演。一方で97年に映画「義務と演技」で女優デビュー、2001年にはミュージカル「アニー」で初舞台を踏むなど女優としても活動した。05年、幼い頃からの趣味だった洋服作りと犬好きが高じて、自身が企画・デザインする犬服&小物ブランド「Otty(オッティ)」を立ち上げ、デザイン、在庫の管理、発送手配、商品の買い付けなど全てを担当している。17年12月、芸能界でもう一度花を咲かすべく、「大原がおり」に改名したことをバラエティー番組で告白。アイドルチャンネル「KawaiianTV」にて放送中の「待機! 無理スカポリス」にレギュラー出演中。

 バスト95センチのグラマラスボディでグラビア雑誌を席巻、「出動! ミニスカポリス」3代目メンバーとしてお茶の間でも人気を博した大原がおり。犬のファッションブランドでも手腕を振るう彼女が突然改名した、と聞きつけた天才テリーは、さっそくそのネタに飛びついて‥‥!?

テリー おー、久しぶりだね! 見た目、全然変わらないなァ。

大原 そんなことないですよ~、笑うとほうれい線も出るし。

テリー それは誰だって出るんだから。そんなことよりも、いつの間にか「大原がおり」に改名していたことのほうが気になるよ。いったいどういうこと?

大原 10年ぐらい前に沖縄に行った時、占い師さんに「かおりの『か』の字を5画にすれば運気が上がる」と言われたんです。でも5画の漢字を見つけられなくて、「ひらめいた! 点々を付ければ五画になる☆」と思って、点々を付けたら“がおり”になってしまったんです(笑)。

テリー フフフ、いかにもな話だな。

大原 で、もう一度バラエティー番組に出たいと思って再起を図り、勇気を出して去年の12月に改名して、「有吉反省会」で発表をしました。

テリー 芸能界に戻るって言っても、大原がやってる犬の服やグッズを売っている会社、順調なんだろ。

大原 はい、おかげさまでブランドを立ち上げてから13年たっても頑張っているのですが、やっぱり大変なことも多いですよ。最近は、アパレルブランドさんもペットの洋服を手がけるようになって、競争も激しいんですよ。大きなところはお金もかけられるし、スタッフの人数も多いので、どんどん新作が出せますから。

テリー とはいえ、しっかりブランドを切り盛りしているんだから偉いじゃん。やっぱり商売の才能があるんじゃないの?

大原 ここ最近気づいたんですけれど、私は商売の才能より、気合いと根性のほうが勝っていて(笑)。ただ弱音を吐かずに頑張っているだけなんです。

テリー でも、それが商売でいちばん大事なことだよ。

大原 あと、体が健康なのもいいんでしょうね。この20年で3回しか風邪をひいたことがないし、悪いところといえば、去年、四十肩になって手が上がらなくなったくらいです(笑)。

テリー がん検診は?

大原 乳がんの検査はしましたけど。

テリー あ、そう。俺もできるんだよ。もっとも、俺の場合は口でやるんだけどさ。

大原 ハハハ、テリーさんの場合は、胸だけじゃ済まなさそう。

テリー そうだよ、全身をMRI状態で舐めまくるから(笑)。最近、エッチしてるか?

大原 出たー!テリーさん、20年前から質問が変わらないんだから。「出動!ミニスカポリス」に出ていた時も、お会いするたびに「おい大原、エッチしてるか?」って言っていましたよ。

テリー まァ、今も言っているんだけどな(笑)。

大原 おかげさまで下ネタの耐性はずいぶんつきました(笑)。テリーさんに育ててもらったので、普通のアイドルとは違う方面のレベルが上がっちゃいました。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
3
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!
4
日本代表GKが明かした「静岡名物監督」の激ヤバ破天荒「負けたら選手を罵倒した」
5
リーグ戦再開でも騒がしい「しんどいから今年で退任」阪神・岡田彰布監督の取り扱い問題