スポーツ

ドラフトで加速した原監督の「東海大ジャイアンツ」化!

「外れ×2」で、巨人が1位指名したのは、八戸学院大の左腕・高橋優貴投手だった。ライバル球団のスカウトいわく、「速球派、将来性で指名したのでしょうが、1位でなくても…」とのこと。ドラフト会議は新任監督の向こう1年を占う機会でもある以上、巨人は最初の入札で当たりクジを引きたかったはずだ。

「八戸学院大学といえば、金足農の吉田輝星君が進学するはずでした」(スポーツ紙記者)

 一時は巨人も吉田のプロ入りをあおったクチ。その罪滅ぼしの意味もありそうだが、同大学の正村公弘監督は東海大学の出身。原辰徳監督の後輩にあたる。

「東海大OBは年末に集まってゴルフコンペをし、そこで全国に散らばった高校、大学の監督やコーチ、中学硬式クラブの指導者たちが情報交換をしています」(大学関係者)

 原監督も正村監督の教え子たちに関する何かしらの情報は得ていたはずだ。また、新スカウト部長職には東海大出身の長谷川国利氏が迎えられた。チーム内における東海大グループの発言力も強まれば、原監督の権限も増すばかりである。 

 日ハムに対し、「内々に大田(泰示)の帰還トレードが打診された」なんて情報も交錯していた。大田は東海大相模の出身選手である。こちらの信憑性はともかく、今年のドラフト会議は原監督のネットワークも発揮されたようである。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”