芸能

千鳥のノブも!?売れるための“最終手段”使った「元サヤ芸人」5人の一か八か

 売れない芸人が打開策として手を出すのが改名。古くは番組企画によって「海砂利水魚」が「くりぃむしちゅー」に、「バカルディ」が「さまぁ~ず」に改めてブレイクしたため、追随する芸人が相次いだ。ところが最近は、名を改めたはいいが、いまいちパッとせず、旧コンビ名に戻す例が増えている。この“元サヤ改名”後に大ブレイクに突き進んでいったのは、千鳥だ。

「ふつう改名といえば、コンビ名ですが、千鳥の場合はノブだけ。13年11月『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)の企画“意外と知られていない芸人の個人名”で、ビーチバレー選手の浅尾美和がノブの写真を見て『小池さん』と呼んだんです。これに、出演芸人が悪ノリ。“ノブ小池”に改名要求して、本人がのんだのです。実際にこの芸名で活動しましたが、翌14年の正月、Twitterで『ノブに戻ります!』と報告して、今に至ります」(テレビ誌ライター)

 ノブの場合は、所属するよしもとクリエイティブ・エージェンシーの先輩であるロンドンブーツ1号・2号に気圧されて、渋々承諾した。

 このような、事務所の先輩による“パワハラ改名”は、往々にして起こる。松竹芸能では、ますだおかだ・岡田圭右がやっている。親せきコンビのなすなかにしに、「いまぶーむ」と命名したのだ。なすなかといえば、漫才スキルは抜群ながらもチャンスを逃し続けていた。ゆえの改名だったが、1年ほどで旧コンビ名にリターン。あれから7年経った今年、遅咲きながらもテレビの仕事が増えている。

「かつてあった『よしもと男前ランキング』で殿堂入りを果たした藤原一裕と井本貴史によるライセンスも、かつては改名しています。07年、番組の罰ゲームで、“ザ・ちゃらんぽらん”となりました。事務所の大先輩にベテラン漫才師の“ちゃらんぽらん”さんがいたため、“ザ・”をつけたのですが、大不評。1年足らずで、戻しています。ちなみに、井本は“ダウンタウン浜田雅功の扶養家族”と呼ばれるほど、ベッタリの関係です」(お笑いに詳しい編集者)

 芸人が避けては通れない改名問題。旧コンビ名に戻す元サヤで、運気上昇の例もあるようだ。

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
2
「サンジャポ」卒業、西川史子“激痩せ”も指摘されたキャラ作りの苦悩
3
水着の奥が見えそう!菜々緒の肌見せ動画に「チラっと見え」疑惑が浮上
4
R-1ぐらんぷりで大惨敗も「あの女芸人」が「ブレイク間近」と囁かれるワケ
5
安倍昭恵夫人、「私的な“桜を見る会”を楽しんだ」写真報道で批判殺到!