芸能

千鳥のノブも!?売れるための“最終手段”使った「元サヤ芸人」5人の一か八か

 売れない芸人が打開策として手を出すのが改名。古くは番組企画によって「海砂利水魚」が「くりぃむしちゅー」に、「バカルディ」が「さまぁ~ず」に改めてブレイクしたため、追随する芸人が相次いだ。ところが最近は、名を改めたはいいが、いまいちパッとせず、旧コンビ名に戻す例が増えている。この“元サヤ改名”後に大ブレイクに突き進んでいったのは、千鳥だ。

「ふつう改名といえば、コンビ名ですが、千鳥の場合はノブだけ。13年11月『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)の企画“意外と知られていない芸人の個人名”で、ビーチバレー選手の浅尾美和がノブの写真を見て『小池さん』と呼んだんです。これに、出演芸人が悪ノリ。“ノブ小池”に改名要求して、本人がのんだのです。実際にこの芸名で活動しましたが、翌14年の正月、Twitterで『ノブに戻ります!』と報告して、今に至ります」(テレビ誌ライター)

 ノブの場合は、所属するよしもとクリエイティブ・エージェンシーの先輩であるロンドンブーツ1号・2号に気圧されて、渋々承諾した。

 このような、事務所の先輩による“パワハラ改名”は、往々にして起こる。松竹芸能では、ますだおかだ・岡田圭右がやっている。親せきコンビのなすなかにしに、「いまぶーむ」と命名したのだ。なすなかといえば、漫才スキルは抜群ながらもチャンスを逃し続けていた。ゆえの改名だったが、1年ほどで旧コンビ名にリターン。あれから7年経った今年、遅咲きながらもテレビの仕事が増えている。

「かつてあった『よしもと男前ランキング』で殿堂入りを果たした藤原一裕と井本貴史によるライセンスも、かつては改名しています。07年、番組の罰ゲームで、“ザ・ちゃらんぽらん”となりました。事務所の大先輩にベテラン漫才師の“ちゃらんぽらん”さんがいたため、“ザ・”をつけたのですが、大不評。1年足らずで、戻しています。ちなみに、井本は“ダウンタウン浜田雅功の扶養家族”と呼ばれるほど、ベッタリの関係です」(お笑いに詳しい編集者)

 芸人が避けては通れない改名問題。旧コンビ名に戻す元サヤで、運気上昇の例もあるようだ。

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
3
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!
4
日本代表GKが明かした「静岡名物監督」の激ヤバ破天荒「負けたら選手を罵倒した」
5
リーグ戦再開でも騒がしい「しんどいから今年で退任」阪神・岡田彰布監督の取り扱い問題