芸能

千鳥のノブも!?売れるための“最終手段”使った「元サヤ芸人」5人の一か八か

 売れない芸人が打開策として手を出すのが改名。古くは番組企画によって「海砂利水魚」が「くりぃむしちゅー」に、「バカルディ」が「さまぁ~ず」に改めてブレイクしたため、追随する芸人が相次いだ。ところが最近は、名を改めたはいいが、いまいちパッとせず、旧コンビ名に戻す例が増えている。この“元サヤ改名”後に大ブレイクに突き進んでいったのは、千鳥だ。

「ふつう改名といえば、コンビ名ですが、千鳥の場合はノブだけ。13年11月『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)の企画“意外と知られていない芸人の個人名”で、ビーチバレー選手の浅尾美和がノブの写真を見て『小池さん』と呼んだんです。これに、出演芸人が悪ノリ。“ノブ小池”に改名要求して、本人がのんだのです。実際にこの芸名で活動しましたが、翌14年の正月、Twitterで『ノブに戻ります!』と報告して、今に至ります」(テレビ誌ライター)

 ノブの場合は、所属するよしもとクリエイティブ・エージェンシーの先輩であるロンドンブーツ1号・2号に気圧されて、渋々承諾した。

 このような、事務所の先輩による“パワハラ改名”は、往々にして起こる。松竹芸能では、ますだおかだ・岡田圭右がやっている。親せきコンビのなすなかにしに、「いまぶーむ」と命名したのだ。なすなかといえば、漫才スキルは抜群ながらもチャンスを逃し続けていた。ゆえの改名だったが、1年ほどで旧コンビ名にリターン。あれから7年経った今年、遅咲きながらもテレビの仕事が増えている。

「かつてあった『よしもと男前ランキング』で殿堂入りを果たした藤原一裕と井本貴史によるライセンスも、かつては改名しています。07年、番組の罰ゲームで、“ザ・ちゃらんぽらん”となりました。事務所の大先輩にベテラン漫才師の“ちゃらんぽらん”さんがいたため、“ザ・”をつけたのですが、大不評。1年足らずで、戻しています。ちなみに、井本は“ダウンタウン浜田雅功の扶養家族”と呼ばれるほど、ベッタリの関係です」(お笑いに詳しい編集者)

 芸人が避けては通れない改名問題。旧コンビ名に戻す元サヤで、運気上昇の例もあるようだ。

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
ともさかりえ、アラフォーバスト「前屈み渓谷」「圧迫こぼれ」躍動写真に騒然
3
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
4
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ
5
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合