芸能

ゆりやんレトリィバァ、ツッコミ不在では「ドッチラケ必至」とバレる!

 昨年12月放送の「女芸人No.1決定戦 THE W」(日本テレビ系)にて優勝し、同局の番組に出演できるという副賞をゲットしたゆりやんレトリィバァが、その権利を行使して人気番組の「世界の果てまでイッテQ!」に初出演を果たした。同番組恒例の「温泉同好会」に登場したゆりやんは、おかずクラブとガンバレルーヤらと一緒に様々なアクティビティに挑戦。そのシーンが視聴者にはとにかく不評だったという。テレビ誌のライターが語る。

「温泉同好会の新弟子として登場したゆりやんは、『私ニューヨークに、あ、New York Cityに住んだことがあるんですよ』といつも通りのギャグを繰り出すものの、相手が女性芸人ばかりとあって誰もツッコミ手がおらず、放置状態に。普段のバラエティ番組ならやさしい男性芸人がボケを拾ってくれるのですが、女同士だとひたすらにボケ散らかすことになり、自分ではボケを回収できないという欠点を露呈していました」

 そんなゆりやんの過剰なボケには嫌悪感を示す視聴者も少なくない。その欠点が絶叫系アトラクションへの挑戦で、さらに露呈していたという。「サイボーグ・サイバースピン」という宇宙ゴマのようなアトラクションに挑戦した時の様子について前出のテレビ誌ライターが続ける。

「ゆりやんは得意のアメリカンセレブ風に『Ahhh! Ohhh! Yeahhh!』と絶叫していましたが、この『イッテQ』は芸人が素を忘れて絶叫する様子を楽しむものであり、“私らしい芸”を披露されても白けてしまうだけ。しかし持ち芸でしか勝負できないゆりやんゆえ、次に挑戦したフリーフォールでは、番組スタッフから得意としているガチャピンの顔マネを指示されていました。しかし本番ではガチャピン顔の維持に重きを置いてしまい、何らおもしろみのない絵に。それに対して次に挑戦したガンバレルーヤは、よしこもまひるも期待通りの“顔面崩壊”を披露。司会の内村光良が思わず『ありがとー!』と叫ぶほどにみごとな出来でした」

 このように素のリアクションが期待できないためか、水面に落下するアトラクションではゆりやんのシーンが割愛される有様。最後のスカイダイビングのみは風圧で変形する顔面で笑いを取っていたが、番組を通して同期でもあるガンバレルーヤ・よしこに後れを取る始末だった。

 この調子では今後、ツッコミ相手との共演を期待できない「イッテQ!」で、ゆりやんの活躍を観る機会はなさそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
誰トク?MAXのLINA、「14歳で30歳の男と交際」告白に、厳しい声殺到
2
「後ろから突きたい!」岡副麻希、猫伸びポーズにまたも妄想爆発の声殺到!
3
岡田奈々を襲った暴漢を塀の中で制裁!安部譲二が遺した怒りと男の純情
4
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(4)大量の“潮”まで見せた清水美沙の女優魂
5
あわや胸の“レーズン”が!マギーの艶ショットに「これは事件」の評