政治

自民党の大奥バトル(1)「女性議員が党三役にW登用」

 閣僚や党の要職に女性議員を積極的に登用した安倍総理。7月参院選後に行われる内閣改造でさらなる寵愛を受けようと、“アベージョ”たちが必死のアピール合戦を繰り広げている。公開中の映画よりも濃厚な自民党版「大奥」の覇権争いをノゾいてみると──。

 自民党本部6階。古びたエレベーターを降り、突き当たりを右に曲がれば総務会長室、左に曲がれば政調会長室がある。この廊下を境に火花を散らすのは、総務会長の野田聖子氏(52)と政調会長の高市早苗氏(51)だ。1月6日放送の「新報道2001」(フジテレビ系)で、女性の社会進出の数値目標について真っ向から対立した2人だが、政治部記者が解説する。

「当選回数は野田が7回で、高市が6回です。閣僚経験も野田のほうが多い。総務会は自民党の最終意思決定機関です。政調会は政策を生み出すところですが、高市がどれだけ政策を提出しても野田が首を縦に振らなければ党政策として認められません。重みとしてはわずかに野田のほうが上ですね」

 国会議員としての野田氏の滑り出しは順調そのものだった。故・小渕恵三氏が総理だった時に郵政大臣に任命され、小渕総理から「将来の女性総理候補」として持ち上げられた。一方の高市氏はメディアに頻繁に登場するものの、目立つ部分はタカ派発言と推定Fカップのバストくらい。この2人が党本部のフロアを二分する地位まで接近した理由は「男」にあるという。政治ジャーナリストが語る。

「昨年9月に安倍総理が総裁選に勝った時、高市氏は真横に座って号泣して喜んでいました。こういう媚びもあって党内政治はうまい。04年には同じ自民党の山本拓氏と結婚し、議員として伸びた。その翌年、野田氏が郵政民営化反対で離党すると、その間に着々と実力をつけ、第一次安倍内閣ではついに入閣を果たした。一方、復党した野田氏は焼き肉店などを経営する男性と事実婚をする。11年に卵子提供を受けて体外受精による不妊治療を行い50歳で出産した。このあたりから政治家としての成長が止まり、高市氏に追いつかれたのです」

 政治姿勢はタカ派である高市氏のほうが総理に近いと言われている。しかし、野田氏には復党した時に、安倍総理に強い影響力を持つある人物に救済された経緯がある。自民党関係者が振り返る。

「野田氏は『郵政に反対しない』旨の誓約書を書かされて復党しましたが、この時、安倍さんがいちばん復党を望んでいたのが平沼赳夫さんでした。ところが、平沼さんは誓約書の署名を断固拒否し、『自分はいいから野田氏を復党させてくれ』と安倍さんに頼みました」

 安倍総理と平沼氏は保守系議連・創生「日本」で、会長と最高顧問の間柄。平沼氏の後ろ盾があることで、安倍総理も野田氏をむげにはできなくなっているという。

「復党後、野田氏は自民党の女性国会議員による女子会を結成しました。酒が強く豪快で、姉御肌の野田氏を慕う女性議員は多く、それに小池百合子氏(60)が嫉妬していた。ところが野田氏は、『小池姉さんがいないとまとまらないよ』となだめて、自民女子会のドンとなっています」(前出・政治ジャーナリスト)

 野田・高市両氏の実力は、現在のところほぼ互角のようである。

カテゴリー: 政治   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
3
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
4
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代
5
「3Aで最多安打記録」巨人に新加入の外国人ヘルナンデスに「超不吉なデータ」