芸能

2013年100大予測(10)鈴木ちなみ「ポストAKB48最有力候補は完売女王」

 昨年のCM起用社数ランキングで1~10位をほぼ独占したAKB48今年、その対抗馬としてあげられるのが、紅白歌合戦に初出場したももいろクローバーZだ。アイドル評論家の堀越日出夫氏も推薦する。

「まさに紅白効果が波及するでしょう。『紅白出場』という肩書は企業側が扱いやすくなるし、CM出演本数は増えるのでは」

 同じく、昨年CM大量出演効果でブレイクしたのが剛力彩芽(20)だが、そのカラクリをアイドル評論家の北川昌弘氏が解説する。

「剛力の所属事務所オスカーは、露出を増やして知名度を上げる売り方で有名。次は“平成の吉永小百合”と言われている同事務所の若手・宮崎香蓮(19)が、剛力とのバーターでCM大量出演する可能性があります」

 テレビより映画で活躍する若手女優の存在も見逃せない。

「『告白』や『桐島、部活やめるってよ』などの話題作で印象的な役を演じた橋本愛(16)は要注目。あとはいいCMに巡り合えば、ブレイク確実です」(前出・堀越氏)

 また、若手女優界には「ブレイクの法則」なるものがあるという。

「全国高等学校サッカー選手権のイメージガールに選ばれることです。過去には堀北真希(24)や新垣結衣(24)が名を連ね、昨年は大野いと(17)が抜擢された。彼女も順調に行けばCM露出が増えるのでは」(前出・北川氏)

 同じイメージガール経験者の中でも堀越氏が注目するのが、着実にCM本数を増やしている川口春奈(17)だ。

「彼女は、かつての“リハウスガール・宮沢りえ”を想起させます。よけいな説明はいらない、ただ見ているだけで幸せな気持ちになれるという、アイドル本来の魅力を持っているんです」

 さらに両氏ともに太鼓判を押すのが、清水くるみ(18)である

「昨年末に桑田佳祐とドコモのCMで共演したことにより、所属事務所の『“期待の新人”として売っていく』という意気込みを感じました」(前出・北川氏)

 さらに、大本命が、自民党の政権復帰で注目を浴びた麻生太郎元総理の“ヒン曲がり口”タレントがブレイク。その最右翼が“新完売女王”こと鈴木ちなみ(23)だ。

「彼女は昨年、表紙が手ブラの写真集『ちなみに…。』を発売したところ、初版がすぐに完売。もともとアヒル口だったが、かっこつけない豪快な話し方から“ヒン曲がり口”タレントとしても注目されています」(雑誌編集者)

 時代が、彼女たちを求めているということか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
本田真凜、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
4
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ
5
NHK桑子真帆は「コンバート」も鉄壁守備不変!女子アナ「仁義なき契約更改」