芸能

弁護士よりヤンキー?月9ドラマ「SUITS」が「今日から俺は!!」に負けたワケ

 やはり月9ドラマは復活していなかったのか。織田裕二主演の「SUITS」(フジテレビ系)が11月12日放送の第6話で視聴率9.5%に下落。第4話で記録したシリーズ最低の8.9%に続き、二度目の10%割れとなった。そんな体たらくの「SUITS」に対し、予想外の健闘を見せているドラマがあるという。テレビ誌のライターが指摘する。

「80年代のヤンキー文化を描いた『今日から俺は!!』(日本テレビ系)は11月11日放送の第5話がシリーズ最高の9.8%をマーク。同じ週単位で見た場合、月9の『SUITS』を上回った形です。放送前には主演を務める賀来賢人のビジュアルが原作とかけ離れているとか、橋本環奈のスケ番姿が可愛くないなどと酷評されていましたが、フタを開けてみればキャスト全員が全力でコメディタッチの役柄を演じ切っており、すがすがしいまでのフルスイングぶりが視聴者のツボにはまっています」

 それに対して視聴率続落中の「SUITS」は、アメリカで大ヒットした弁護士ドラマのリメイク版であり、本来なら物語の強さでアピールするべきところ。しかし織田の大げさすぎる演技が鼻につくほか、織田とバディを組む天才青年役のHey!Say!JUMP!中島裕翔がさっぱり天才ぶりを表現できない始末だ。しかも物語の核となるべき弁護案件にも深みがなく、オリジナル版のようなヒリヒリ感が望みようもないのである。

「結局のところ『SUITS』では、弁護士ドラマならではの真に迫った交渉術を見せたいのか、それとも弁護士同士が織りなす人間関係を紡ぎたいのかがわかりません。そのため『SUITSはこんなドラマだ』と説明することさえ難しい有様です。それに対して『今日から俺は!!』のテーマはヤンキー同士のトップ争い、そして恋愛と実にシンプル。主演の賀来が演じる最凶ヤンキーと、敵対する他校のワルとの対比が明確で、勧善懲悪ドラマとして楽しむこともできます。おかげでヤンキーに興味がない層も取り込めているのが強みですね」(前出・テレビ誌ライター)

 どうやら「SUITS」が人気回復を図るには、ストーリーをもっとシンプルにしたほうがいいのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
中居正広、「ジャニーズ退所」報道で再噴出する“裏切り者キムタク”の辛辣声!
2
田中みな実「先端当て」VS 鷲見玲奈「極太パックン」!/妖艶「放送事故」大全(3)
3
永島優美、仕事とプライベートの充実ぶりで隠しきれない爆裂バストの“張り”
4
太川陽介のバス旅を超える?復活が待望される「テレ東旅番組」はこんなにある!
5
藤原紀香、「ミニ丈スカート」白美脚に熱視線!「生で見たかった」の声が続々