芸能

トレエン斎藤、“原爆シャツ”BTSを擁護も「批判ブーメラン」が直撃!

 BTSファンの信頼は勝ち取ることができたかもしれないが、それ以上に大量のアンチが発生?

 人気お笑いコンビ・トレンディエンジェルの斎藤司が、11月11日に放送された情報番組「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ系)に出演。「原爆Tシャツ」騒動で渦中の韓国の7人組ヒップホップグループ「防弾少年団(BTS)」を擁護するような発言をしたことで物議を醸している。

 この騒動を振り返っておくと、まず、同グループのメンバーの1人が原爆投下の写真がプリントされているTシャツを着ていたことが過去にあったことが、指摘されたことで、出演予定であった9日放送の「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)への出演が取りやめに。さらに12月放送の「FNS歌謡祭」(フジテレビ系)、さらに大みそかのNHK紅白歌合戦ともにBTSへの出演オファーを検討していたというが、それも見送られる形となった。

 斎藤は16年に東京で行われたBTSのファンミーティングに出演したことから交流が続いている。そんなふうに彼らをよく知る立場とあって、

「個人個人も、なんか本当に若いし、人懐っこいし、何て言うんですかね、本当に日本語も上手だし、ああ好きなんだな日本のことみたいなふうにボクは個人的には感じてたんです」

 と、人柄について話したうえで、こう続けた。

「だから、イマイチこのTシャツうんぬんがなぜこういうことになってしまったのか、というのがボクもよくわからないし、これがまた音楽と政治みたいのが一緒になってしまうっていうのが、すごくもったいないなとはボクは思いますけどね」

 この、BTSを擁護する斎藤の発言にBTSファンは感謝でいっぱいだったようだ。しかし、今回の騒動についてBTSに対して否定的意見を持っている日本国民もかなり多いとみられ、ネット上などでは、全体的には斎藤の発言には批判的な声の方が多い。

 いわく、「日本が好きならそんなTシャツ着ないだろう」「知り合いだったら、何でも擁護していいわけじゃない。やっていいことと悪いことはある」「斎藤さんのコメントが残念過ぎる。最低限のことを学ぶべきでは…」「いい大人なんだからもう少し考えて発言しないと」…。

 エンタメ誌ライターが言う。

「BTSのことを知る立場だけに、擁護したい気持ちもわかりますし、そもそも個人がどうとらえるかは自由。ただ、発言に影響力を持つ立場の人間としてのコメントとしては知識不足なものだった感は否めません。また、今回の斎藤の炎上に便乗して直接関係のないことで斎藤を叩く層もおり、『あんたも下積み時代を支えてくれた彼女捨ててるし、最低だけどな』『表向きの顔をうまく見せていれば何をしてもいいなんてあるわけないだろ』『さすが最低さんだな』といった、やや論点がズレた斎藤への批判コメントも見られています」

 11月13日にBTS側はTシャツ問題を謝罪したが、騒動は様々な形で波紋を広げそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
2
小百合様も登場、日本の芸能史を飾った「バスト大事件」とは?
3
石田ゆり子、予想以上に立派な体の部位にファン騒然!完熟ボディの“秘密”か
4
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”
5
「思い上がるな!」東出昌大の奔放生活に激怒した上沼恵美子への称賛