スポーツ

2018「プロ野球ワーストナイン」勝手に表彰式(4)ワースト監督は阪神・金本に

 首位から29.5ゲーム離されての最下位に終わった楽天からも、捕手・嶋基宏(33)=年俸1億円=、外野手・ペゲーロ(31)の2人がワーストナイン入りした。

 出場試合数こそ正捕手にふさわしい113試合だった嶋だが、度重なる故障にも悩まされ、打率2割6厘、0本塁打、21打点と低迷。1安打あたり単価は153万円だった。

「単価だけなら西武の銀ちゃん(炭谷銀仁朗)のほうが高いけど、若手の森友哉を使っていくというチーム方針から出番が限られ、かわいそうな面もあった。その点では、100試合以上出てこの打率の嶋がワーストでしょう」(伊原氏)

 リーグ優勝を果たした西武から、ただ一人ワーストナイン入りしたのが指名打者のメヒア(32)。82試合出場で打率2割1分2厘、9本塁打、21打点、1安打あたり単価はパ・リーグ野手ワーストの1111万円。新本塁打王・山川穂高の台頭で完全に居場所を失い、「5億円の代打」という不良債権に成り下がった。伊原氏が苦笑する。

「山川がいるからもういらないんだけど、3年契約の最後となる来季も残ることになりました。西武は契約途中で解雇してカネだけ払うという球団じゃないですからね」

 オリックスのT-岡田(30)=年俸1億2000万円=も不本意なシーズンだった。昨季は全試合に出場して31本塁打を放ったが、今季は右脇腹痛に悩まされ、97試合、打率2割2分5厘、13本塁打、43打点にとどまった。1安打あたりの単価は179万円。単価だけなら同僚のロメロ(30)=273万円=のほうが高いが、これは年俸に1億6000万円の差があったため。生え抜きのチームリーダーとしての期待に応えられなかった点を考えれば、ワーストナインも当然か。

 ちなみに、年俸3億円弱のロメロもセの筒香同様、規定打席到達者で得点圏凡打率がなんと8割と、ワーストを記録している。

 最後に監督にも触れておこう。今オフは両リーグで5人の監督が球団を去った。いずれも成績不振を問われてのことだが、はたして誰がワーストなのか。

「強いて選ぶとしたら、阪神・金本知憲監督(50)かな。若手の起用による改革をやや急ぎすぎましたね。既存のチームを脱却させるには時間がかかる。それをいきなりやろうとすれば反発が起きるのですが、金本監督は耳を貸さずに『俺がやっていることは正しいんだ』と強引に推し進めてしまった」(伊原氏)

 その金本監督の右腕だった矢野2軍監督が、来季から阪神の指揮を執る。金本流を踏襲するのか、それとも新たなスタイルを確立するのか。虎ファンならずとも、目の離せないシーズンになりそうだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故