芸能

天才テリー伊藤対談「ピーター」(1)これからの仕事は池畑慎之介がいい

●ゲスト:ピーター 1952年、大阪府生まれ。地唄舞吉村流四世家元で、人間国宝の吉村雄輝氏の長男として生まれ、3歳で初舞台、跡継ぎとして父から厳しく育てられる。中学卒業後、大阪市内の高校に入学するが、1年時に家出して上京。ゴーゴークラブでアルバイトを始め、「ピーター」と呼ばれる。69年、映画「薔薇の葬列」でデビュー。同年10月、「夜と朝のあいだに」で歌手デビューし、この年の日本レコード大賞最優秀新人賞、ゴールデンアロー新人賞を受賞する。その後も歌手活動をしながらさまざまなジャンルで活動。85年公開の黒澤明監督作品「乱」に出演するなど、役者としても高い評価を得る。2000年代に入ると、バラエティー番組で料理や社交ダンスほか多彩な才能を披露し、若者たちにも人気を博す。近年ではドラマ「下町ロケット」(TBS系)の弁護士・中川京一役も話題となった。今年5月、本年いっぱいで「ピーター」の名前から卒業し、本名の「池畑慎之介」に統一することを発表。来年から約1年の休業期間に入る。

 中性的なビジュアルとデビュー曲「夜と朝のあいだに」の大ヒットで注目を浴び、以後も歌手・俳優・タレントとマルチに活躍中のピーターこと池畑慎之介。「今年いっぱいで『ピーター』としての活動を終了」という情報を受けた天才テリーは、さっそくその真意を直撃した!

テリー 先日は、芸能界で噂のホームパーティーに招待していただいて‥‥。

ピーター どうもありがとう。楽しかったね。

テリー すごくオープンな感じで、集まっている人の年齢やジャンルもバラバラなんだよね。まるで外国のパーティーに参加したような感じでしたよ。

ピーター 玄関開けっぱなしにして、「庭からどんどん入って来て!」って感じでね(笑)。よく「いろんな人と知り合えるから、ピーターのPは人をつなぐパイプのPだ」なんて言われてる。

テリー 簡単に言うけど、そういう場を作るのって本当に大変なんだから。

ピーター もともと人に喜んでもらえることを楽しむタイプで、どちらかといえば、スタッフ志向なんですよ。

テリー いよいよ年の瀬も迫ってきたね。「ピーター」の名前は年内で卒業、そこから1年間の休業に入るんだってね。

ピーター そう。たぶん再来年の4月くらいまで。戻って来た時には「池畑慎之介」で仕事を続けます。

テリー なんでピーターの名前を捨てちゃうの。もったいないなァ。

ピーター 捨てるんじゃなくて、もともとピーターは私の愛称だから、親しい人たちにはこれからもそう呼んでもらってかまわない。でも、もうこの年齢になって名前が2つあるのも面倒じゃない。だったら私は「池畑慎之介」でやっていきたいんだよね。例えば死んだ時、ニュースなんかで「ピーターこと池畑慎之介さんがお亡くなりになりました」なんて、絶対に言われたくないから(笑)。

テリー そうなんだ。休んで何かやりたいことはあるの?

ピーター 1月からハワイに行って3カ月ぐらい過ごして、桜の時期からキャンピングカーで日本をブラブラしたいかな。で、元号が変わる頃にヨーロッパに行って、またキャンピングカーでウロチョロ、みたいなね。実はまだ、全然決めてないけど。

テリー へえ、楽しそう。パーティーもまさに天才の仕事って感じだったし、ピーターは感覚が軽やかなんだよね。日本の芸能界は、これまでこの才能を生かしきれてなかった印象もあるけど、本人的にはどう?

ピーター どうだろう‥‥歌もそうだけど、確かに今考えたら「10年早かったな」みたいな仕事やアイデアは、あったような気がする。だけど、それをまたもう一度やれば受けるか、と言われれば、違うよね。なにより、今の自分が楽しめないと思うし。というより、たまたまスカウトで歌と芝居、両方の世界にいきなり入ったものだから、そちらのほうが大変だったかも。

テリー そうなんだ、ピーターって、なんでもクールにこなしている印象があったから意外だな。

ピーター 人気絶頂の「ピーター」という着ぐるみの中に、何の積み上げも実力もない池畑慎之介が入っている。自分の中では、そんな感じだったんですよ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
美女アナ「仁義なき覇権バトル」春の陣(3)テレ東は田中瞳が一気にエースアナへ
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
深田恭子が杏、北川景子に続き“百合遊戯”標的に狙い定めた「若手女優」
4
深田恭子、多部未華子と永野芽郁との「ホロ酔い姿」公開!一番艶っぽいのは誰?
5
ヒカキン「めざましテレビ」レギュラー決定も局内から「安直すぎる」の声