芸能

天才テリー伊藤対談「ピーター」(1)これからの仕事は池畑慎之介がいい

●ゲスト:ピーター 1952年、大阪府生まれ。地唄舞吉村流四世家元で、人間国宝の吉村雄輝氏の長男として生まれ、3歳で初舞台、跡継ぎとして父から厳しく育てられる。中学卒業後、大阪市内の高校に入学するが、1年時に家出して上京。ゴーゴークラブでアルバイトを始め、「ピーター」と呼ばれる。69年、映画「薔薇の葬列」でデビュー。同年10月、「夜と朝のあいだに」で歌手デビューし、この年の日本レコード大賞最優秀新人賞、ゴールデンアロー新人賞を受賞する。その後も歌手活動をしながらさまざまなジャンルで活動。85年公開の黒澤明監督作品「乱」に出演するなど、役者としても高い評価を得る。2000年代に入ると、バラエティー番組で料理や社交ダンスほか多彩な才能を披露し、若者たちにも人気を博す。近年ではドラマ「下町ロケット」(TBS系)の弁護士・中川京一役も話題となった。今年5月、本年いっぱいで「ピーター」の名前から卒業し、本名の「池畑慎之介」に統一することを発表。来年から約1年の休業期間に入る。

 中性的なビジュアルとデビュー曲「夜と朝のあいだに」の大ヒットで注目を浴び、以後も歌手・俳優・タレントとマルチに活躍中のピーターこと池畑慎之介。「今年いっぱいで『ピーター』としての活動を終了」という情報を受けた天才テリーは、さっそくその真意を直撃した!

テリー 先日は、芸能界で噂のホームパーティーに招待していただいて‥‥。

ピーター どうもありがとう。楽しかったね。

テリー すごくオープンな感じで、集まっている人の年齢やジャンルもバラバラなんだよね。まるで外国のパーティーに参加したような感じでしたよ。

ピーター 玄関開けっぱなしにして、「庭からどんどん入って来て!」って感じでね(笑)。よく「いろんな人と知り合えるから、ピーターのPは人をつなぐパイプのPだ」なんて言われてる。

テリー 簡単に言うけど、そういう場を作るのって本当に大変なんだから。

ピーター もともと人に喜んでもらえることを楽しむタイプで、どちらかといえば、スタッフ志向なんですよ。

テリー いよいよ年の瀬も迫ってきたね。「ピーター」の名前は年内で卒業、そこから1年間の休業に入るんだってね。

ピーター そう。たぶん再来年の4月くらいまで。戻って来た時には「池畑慎之介」で仕事を続けます。

テリー なんでピーターの名前を捨てちゃうの。もったいないなァ。

ピーター 捨てるんじゃなくて、もともとピーターは私の愛称だから、親しい人たちにはこれからもそう呼んでもらってかまわない。でも、もうこの年齢になって名前が2つあるのも面倒じゃない。だったら私は「池畑慎之介」でやっていきたいんだよね。例えば死んだ時、ニュースなんかで「ピーターこと池畑慎之介さんがお亡くなりになりました」なんて、絶対に言われたくないから(笑)。

テリー そうなんだ。休んで何かやりたいことはあるの?

ピーター 1月からハワイに行って3カ月ぐらい過ごして、桜の時期からキャンピングカーで日本をブラブラしたいかな。で、元号が変わる頃にヨーロッパに行って、またキャンピングカーでウロチョロ、みたいなね。実はまだ、全然決めてないけど。

テリー へえ、楽しそう。パーティーもまさに天才の仕事って感じだったし、ピーターは感覚が軽やかなんだよね。日本の芸能界は、これまでこの才能を生かしきれてなかった印象もあるけど、本人的にはどう?

ピーター どうだろう‥‥歌もそうだけど、確かに今考えたら「10年早かったな」みたいな仕事やアイデアは、あったような気がする。だけど、それをまたもう一度やれば受けるか、と言われれば、違うよね。なにより、今の自分が楽しめないと思うし。というより、たまたまスカウトで歌と芝居、両方の世界にいきなり入ったものだから、そちらのほうが大変だったかも。

テリー そうなんだ、ピーターって、なんでもクールにこなしている印象があったから意外だな。

ピーター 人気絶頂の「ピーター」という着ぐるみの中に、何の積み上げも実力もない池畑慎之介が入っている。自分の中では、そんな感じだったんですよ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
カラテカ入江の闇営業より悪質!?ファンを食い物にする「ダフ屋芸人」がいた!
2
芸能美女の“生娘卒業”(7)加藤綾子、“早過ぎた初体験”が婚期遅らせた!?
3
芸能美女の“生娘卒業”(5)経験人数“2人”説で絞られる上戸彩の初体験
4
広瀬すず×綾瀬はるか「視聴率バトル」の天国と地獄(1)低視聴率に綾瀬が一肌脱いだ
5
小島瑠璃子、オーバーオール姿が“素肌にエプロン”状態で男たちが歓喜!