芸能

立川志らく、延々と“痛ツイート”弁明が「今年最後の炎上事件」の様相!

 落語家の立川志らくが12月25日にツイッターアカウントを更新し、自身を〈(偉そうなのではなく)実際に偉い〉と表現したツイートの真意を説明している。

 騒動の発端となったのは、25日正午に投稿された志らくによる〈なんで志らくの奴は偉そうなんだと言われるが、この世界に34年いて年齢も55歳、弟子は東京の落語会で最多の18人で、映画監督協会に所属し、演劇20本作った演出家でキネマ旬報の賞を4回受賞した評論家だから実際に偉いのです〉とのツイートだ。これまでのキャリアの功績を延々と並べ、自身の“偉大さ”を書き連ねたこの投稿は2000を超えるいいねと220以上のリツイートが賞賛とともに展開された一方、〈すいません、なんか嫌いです〉〈偉いの基準がそこですか?〉との反論も見受けられた。

 また、多くのネットニュースでも志らくによる〈実際に偉いのです〉とのツイートが紹介され、そのバッシングがさらに強まると、当該ツイートから約11時間後に〈自分で偉いとか上手いとか天才だとかは日本教に反している最も恥ずべき発言なのです〉と投稿。自身の発言を“恥ずべき”ものであると認めながらも〈でも落語家とは人生の恥ずかしい部分を見せる芸能。自分で偉いとか言っている、こんな馬鹿な奴がいるぞ、と世間に晒すのが落語家。まあこんな事を言ってもわからないね〉と語り、落語の精神に則った上での発言であることを説明している。

「志らくによる一連のつぶやきはあまりネット上の共鳴を得るには至らず、長々と言い訳や釈明をするのに必死になっているような印象を受けている人も多いです。また、《偉そうな態度をとる人のことを偉そうと言ってるのであって、実際に偉いかどうかはさほど関係ない》《かっこ悪い》《言い訳感半端ないね》《談志世代から見ると、彼は無理して談志になろうとしてる感がありありで痛い》との手厳しい反応もあり、歯に衣着せぬ発言で知られた志らくの師匠の立川談志と比較する指摘まで出る始末です。多くの実績や功績、そして人徳があるのは事実なわけですから、わざわざあそこまで具体的に説明しなくても良かったのではないか、というのが世間からの印象かもしれませんね」(テレビ誌ライター)

 落語家としての本望を“人生の恥ずかしい部分を見せる芸能”と語った志らくだが、このツイートも“痛ツイート”として彼の芸能史にしっかりと刻まれる功績となるのだろう。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ渡邊渚、G…いやHカップ!?ニットバストで「デカすぎ!」の衝撃
2
唐橋ユミ、バストが重すぎ?生放送中に“肌着ズレ”スタッフ慌てた事故映像
3
熊田曜子、「“大人の夜の玩具”使用疑惑」でSNSに“下世話コメ”殺到の地獄絵図!
4
フジ渡邊渚、待望の「Gカップ“たゆんたゆん”新動画」にファン歓喜!
5
太川陽介に不要論も!?テレ東「旅番組」新企画の気になる評判