芸能

立川志らく、延々と“痛ツイート”弁明が「今年最後の炎上事件」の様相!

 落語家の立川志らくが12月25日にツイッターアカウントを更新し、自身を〈(偉そうなのではなく)実際に偉い〉と表現したツイートの真意を説明している。

 騒動の発端となったのは、25日正午に投稿された志らくによる〈なんで志らくの奴は偉そうなんだと言われるが、この世界に34年いて年齢も55歳、弟子は東京の落語会で最多の18人で、映画監督協会に所属し、演劇20本作った演出家でキネマ旬報の賞を4回受賞した評論家だから実際に偉いのです〉とのツイートだ。これまでのキャリアの功績を延々と並べ、自身の“偉大さ”を書き連ねたこの投稿は2000を超えるいいねと220以上のリツイートが賞賛とともに展開された一方、〈すいません、なんか嫌いです〉〈偉いの基準がそこですか?〉との反論も見受けられた。

 また、多くのネットニュースでも志らくによる〈実際に偉いのです〉とのツイートが紹介され、そのバッシングがさらに強まると、当該ツイートから約11時間後に〈自分で偉いとか上手いとか天才だとかは日本教に反している最も恥ずべき発言なのです〉と投稿。自身の発言を“恥ずべき”ものであると認めながらも〈でも落語家とは人生の恥ずかしい部分を見せる芸能。自分で偉いとか言っている、こんな馬鹿な奴がいるぞ、と世間に晒すのが落語家。まあこんな事を言ってもわからないね〉と語り、落語の精神に則った上での発言であることを説明している。

「志らくによる一連のつぶやきはあまりネット上の共鳴を得るには至らず、長々と言い訳や釈明をするのに必死になっているような印象を受けている人も多いです。また、《偉そうな態度をとる人のことを偉そうと言ってるのであって、実際に偉いかどうかはさほど関係ない》《かっこ悪い》《言い訳感半端ないね》《談志世代から見ると、彼は無理して談志になろうとしてる感がありありで痛い》との手厳しい反応もあり、歯に衣着せぬ発言で知られた志らくの師匠の立川談志と比較する指摘まで出る始末です。多くの実績や功績、そして人徳があるのは事実なわけですから、わざわざあそこまで具体的に説明しなくても良かったのではないか、というのが世間からの印象かもしれませんね」(テレビ誌ライター)

 落語家としての本望を“人生の恥ずかしい部分を見せる芸能”と語った志らくだが、このツイートも“痛ツイート”として彼の芸能史にしっかりと刻まれる功績となるのだろう。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
リモコンみたいに自由にできる?阿部華也子、「癒やされ動画」にファン妄想!
2
胸の先がこぼれそう!マギー、「水着が下すぎバスト」に熱視線
3
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
4
石橋貴明、「スポーツ王」視聴率1桁でピンチもあの業界に参戦で再ブレイクか?
5
フワちゃんの無防備なバストトップが無人島ロケでハミ出ちゃった!?