スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「ヴァンドギャルド臨戦態勢万全」

 先の朝日杯FSが阪神に移ったことにより、ホープフルSが昨年からGIに昇格したのは皆様もご承知のとおり。

 中山のマイル戦は、おむすび状のトリッキーなコース形態であることから、枠順による有利、不利が歴然。よって、公正を期すことから朝日杯FSが阪神で行われるようになったわけだ。

 その穴を埋めるかのようにGI戦となり、春のクラシックに結びつくレースとしての価値は、より底上げされたが、一昨年の覇者レイデオロは、昨年のダービー馬となっている。

 朝日杯FSがマイル戦であることから、あくまでも2歳馬の総決算という趣が強く、このホープフルSこそ、来春の皐月賞、ダービーを占うべく重要なGIとして、よりファンが関心を抱く競馬となったとみていいだろう。

 ラジオNIKKEI杯2歳Sから現在の名称に変更され、舞台が阪神から中山へ移った14年以降の過去4年間、1番人気馬は2勝(2着1回)、2番人気馬は1着1回(2着0回)と、それまで以上に有力馬が期待に応えている。

 クラシックに直結する重要な一里塚的なGI戦であるとみれば、無謀な穴狙いは避けるべきであろう。

 では、顔ぶれを見てみよう。目下3連勝中で、札幌2歳S、東スポ杯2歳Sと重賞を連覇しているニシノデイジーが最右翼だろうか。この馬に続くのは、未勝利-特別戦を連勝中のアドマイヤジャスタ、そして新馬-特別戦と2戦土つかずの良血サートゥルナーリア、前走の黄菊賞を完勝したコスモカレンドゥラ、さらには、ミッキーブラックが人気になるのだろう。

 いずれもクラシック級の大器で、将来性確かな力量馬と思えるだけに、大きく荒れることはあるまい。

 が、それでも穴党としてイチオシしたいのは、ヴァンドギャルドだ。

 460キロと牡馬としてはそう大きくないが、均斉の取れた好馬体の持ち主で、とにかく見栄えがいい。それだけで素質のよさが感じ取れるが、恐らく前述した強敵相手にも、断じてヒケは取らないと見ている。

 前走の東スポ杯2歳Sの際もサンスポ紙上で本命視して注目していたが、ニシノデイジーにアタマ差及ばずの3着惜敗。しかし、それは位置取りの差や仕掛けのタイミングが悪かったまで。そうみているが、わずか一戦のキャリアであわやの結果だったのだから、能力の高さは推して知るべしだろう。

「デビュー戦は、まだ仕上がり途上。道中も気を抜く場面が再三あった。それでもいざ追いだしたら、あっさりだったからね。期待どおり、いや、それ以上。素質はかなりのものと言っていい」

 こう高い評価を与え、期待を込めるのは、他でもない藤原英調教師だが、なるほど、1週前の追い切りは軽快かつリズミカルで、文句なしの動きを披露。状態のよさを誇示していた。使われるたびによくなっているのは明らかで、臨戦態勢は万全と見ていいだろう。

 近親、一族にドントフォーゲットミー(英・愛2000ギニー)など活躍馬が多くいる良血。良馬場条件に大きく狙ってみたい。

 相手は当然、前述した有力、人気どころということになるが、中でもサートゥルナーリアは、断じて軽く見ることはできない。女傑シーザリオ産駒でノビシロ十分。中間も順調で、連下の筆頭に挙げたい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ
3
ともさかりえ、アラフォーバスト「前屈み渓谷」「圧迫こぼれ」躍動写真に騒然
4
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
5
加藤紀子がお風呂シーンにやる気まんまん!かまいたち濱家が大興奮の艶シーン