女子アナ

有働由美子、「好きな女子アナ1位」も反響は「一番残念な女子アナ」だった!

 ORICON NEWSの年末恒例「好きな女性アナウンサー」のランキングが発表され、1位に輝いたのはNHKからフリーに転身した有働由美子アナだった。これまで、トップの座にいた日本テレビの水卜麻美アナが5年連続1位の“殿堂入り”となったため、前年2位だった有働アナが繰り上がった形だ。

 有働アナを推す意見としては「裏表がなさそうでいい人そうだから」「豊富な経験に裏打ちされたトーク・進行の仕方」「仕事に真摯に向き合ってる」など、親近感とアナウンサーとしてのスキルが評価されたようだ。

 けれどもこの結果に対し「会社のカンバンで出ている成果を実力と勘違いしてしまうサラリーマンの典型」「『news zero』は低迷しているのに1位?」「やらせ?」など、納得がいかない人が少なからずいたことも事実だ。

「日テレといえば今年10月、約5年ぶりに“視聴率3冠”を逃しました。他局との“獲得競争”を制し、三顧の礼をもって迎えた有働アナを中心に、新体制で臨んだ『news zero』は視聴率4%以下の時もあり、予想外の苦戦を強いられています。それまでは8%だったのですから、有働アナの抜擢は失敗ではないかとの声が出て当然です」(テレビ局関係者)

 アナウンサーとしては1位となった有働アナだが、2018年、いちばん残念な女子アナでもあったのかもしれない。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川藤幸三が阪神×ヤクルト戦解説「実況アナをブチ切れ恫喝」に退場勧告
2
ベルーナドームは過酷すぎる…西武「札幌移転」再燃で「ゼロからチームを作り直せ」ファンの懇願
3
救急車出動!広島マツダスタジアム「球場観戦離れ」が進む「地獄のデーゲーム」
4
西武が狙う「3度目の駆け込みトレード」高レベルの投手をヤクルトに放出して打てる野手を…
5
大宮アルディージャから「バロンドール」候補入りか!J3独走でアンチだらけのFW杉本健勇がついに覚醒