芸能

天才テリー伊藤対談「ゆきぽよ」(4)アメリカ進出前に「軽く」女優を!?

テリー こんなにかわいいし、頭の回転も早いのに。あと、今度出る写真集も一足先に見せてもらったけれど、いいヒップをしてるじゃん。胸はそんなにないけどな‥‥もしかして、それが他の女性に行ってしまう理由かもしれない。

ゆきぽよ アハハハ、本当に胸がなくて。でも、お店に測りに行ったらDカップだって言われたんですよ。

テリー え、そんなにあったんだ、それは失礼。

ゆきぽよ 鳩胸なので、寄せて上げるブラジャーをすればちゃんと谷間もできるんですけれど、写真集で着たような水着だと盛れないんですよ。

テリー まぁ、あれはあれで露出が多いし、喜ぶ男も多いと思うから、また恋人候補がどんどん出てくるかもしれない。

ゆきぽよ 3年ぐらい彼はいませんけど、今は仕事が楽しいから欲しいと思わないです。

テリー 今はまさにアゲアゲな感じだけど、将来どうなりたい、みたいなビジョンはあるの。

ゆきぽよ ハリウッドのビッグスターを目指します!

テリー おっ、いいね。だけど、まったくの夢とも言えないんだよね。ゆきぽよは、ネット配信番組「バチェラー・ジャパン」に出たことが話題を呼んで、本家アメリカのスピンオフ企画「バチェラー・ウィンターゲームス」にも出演したんだものな。あっちでの撮影はどうだった?

ゆきぽよ やっぱり、すごかったです。スタジオにも行ったんですけど、日本のそれとは、規模やオーラ、空気が全然違って。

テリー そういうのを一度味わっちゃうと、やめられなくなるよね。

ゆきぽよ 番組のプロデューサーにも「ユキ、アメリカでビッグになれよ!」なんて言われたから、本当にアメリカに住もうと思っていたんですよ。でも、日本に帰ったら、突然、仕事が忙しくなっちゃって。

テリー ああ、「バチェラー」で話題になっちゃったから。ちなみに英語はできるの?

ゆきぽよ 全然しゃべれないです(笑)。でも、相手を見れば、なんとなく言ってることはわかるし、言いたいことも伝わってくるから、それでなんとかなるかな、と思って。

テリー 肝が太いなァ。

ゆきぽよ 昨日の夜も、家まで帰る電車の中でドイツ人の男性に英語でナンパされたけど、最後まで普通に会話できましたもん。電車を降りる時も、「ディス・ステーション、マイ・ホーム」って言って別れて。知ってる単語をひたすら言えば、大丈夫と思っているので。

テリー ものおじしないんだから、これは強いよ。今思いついたんだけど、夏とか2カ月くらい時間をとってアメリカを一周とかしてみたら? その様子を動画に撮って、YouTubeなんかにアップしたら、ゆきぽよのキャラが生かされて、おもしろいんじゃないかなァ。

ゆきぽよ いいですね。アメリカに行く夢は、まだまだ捨てていないので。

テリー じゃあ、それまでは、もう少しだけ日本で頑張ろうか。

ゆきぽよ はい。まずはお笑いタレントを目指して、そこから軽く女優をやってハリウッドを目指します。

テリー 「軽く女優をやって」!(笑)。いや、最高だな。その前に写真集も見てもらわないと。

ゆきぽよ そうですね、みんなが知らない、いろんな表情が見られますから。

テリー みんなが知らない胸もでしょう?

ゆきぽよ そこはもういいですって(苦笑)。

◆テリーからひと言

 いやぁ、すごい子が出てきたね。感覚が頭一つ抜けてるよ。アメリカ一周もぜひチャレンジしてみて。日本にいるより絶対、勉強になるんじゃないかな。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
菅野美穂、「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に続々不評の「イタいポイント」