スポーツ

不調に喘いだ本田真凜、今乗り越えるべき「試練」とは?

 今シーズンから練習拠点をアメリカのラファエル・アルトゥニアンコーチのもとに移した、フィギュアスケートの本田真凜選手。スケート技術の見直しや環境の変化にまだ追いつけていないのか、GPシリーズでも全日本選手権でも思うような成績が残せないシーズンとなっている。

「全日本選手権ではまさかの15位。GPシリーズでは悪いといっても6位と8位で10位以内の成績を収めていたのですから、2ケタ台にまで順位を落としたのは驚きです。全日本ではジャンプのミスが目立ちましたが、GPシリーズ中のアルトゥニアンコーチのコメントではジャンプを大きく修正したりはしなかったようですから、精神的なものが大きかったのではないでしょうか。トリプルアクセルを武器にシニアデビューから負け知らずで連勝し、シーズン後半に大きくクローズアップされた紀平梨花選手は1歳違いの練習仲間ですし、優勝した坂本花織は18歳。4位の三原舞依も19歳と同世代の選手が次々といい成績を残しており、焦りの気持ちも大きいのでしょう」(スポーツライター)

 平昌五輪以前、ジュニアのトップ選手だった本田選手。すぐにシニアでもトップ選手の仲間入りをすると思われ、メディアもはやし立てたが、それで本田選手が勘違いしてしまったという見方もある。また、その一方で、本田選手は、成績が残せなかった時のメディアの手のひら返しも味わっている。そんなメディアは平昌五輪では坂本選手をもてはやし、シーズン後半は紀平選手一色だ。

 本田選手が開花するのは、自分の新しい立ち位置に慣れ、新コーチの指導が結実する来シーズン以降になるだろう。プレッシャーを含めたこれらの試練を乗り越えるまでは忍耐の時。ぜひとも心折れることなく頑張ってもらいたいものだ。

(芝公子)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
女芸人からも批判!芸能界で“反・松本人志連合”拡大の動きが
2
純烈リーダー、「友井は死んだ」発言に「あのグループとは違う」と絶賛の声!
3
亀梨和也も寝耳に水?深田恭子の新恋人報道に「激怒した」ジャニーズ事務所
4
見えそう!?本田翼、「ミニ」&ニーハイ姿でゲームをプレイに視聴者が大興奮!
5
深田恭子をヤリ手会長に奪われた亀梨和也「結婚を決断できなかった理由」