芸能

とろサー久保田、「逃走中」での炎上言動で見せた相変わらずの「クズっぷり」

 とろサーモンの久保田かずのぶが1月5日放送のバラエティ番組「逃走中」(フジテレビ系)に出演。賞金に対して貪欲な姿勢を見せ、視聴者から批判を浴びる結果となった。ハンターから100分間逃げ切ることができれば賞金を獲得できるという同番組だったが、久保田が炎上する言動を見せたのは、ゲーム途中で賞金アップミッションが発生した際のこと。

 エリア内に設置されたレバーを上げることができれば賞金が1秒につき、100円アップするという追加ミッションが発表されると、久保田は16歳年下の女優・岡崎紗絵を連れてレバーを探しにエリアを移動。無事、レバーの場所まではたどり着いたものの、レバーを上げる際にハンターに見つかることを恐れた久保田は「よし、レバーを上げに行くんだ」と、岡崎に指示。これに岡崎は「え、私が!? 何で!?」と、納得がいかない様子だったが、久保田は「お前だ。お前が行け。バカ野郎。レバーを上げれば運命が変わる」と、強引に言いくるめて岡崎は1人レバーへ向かう羽目に。

 その後、岡崎はレバーを上げることに成功。しかし、久保田はゲーム終盤で自首(電話で自首する旨を伝えることができれば、その時点で獲得していた金額をゲットできる)を試みて、エリア内に設置された電話にダッシュするも、その途中でハンターに確保されている。

 久保田の行動を見ていれば、どうしても賞金が欲しかったことは伝わってくるが、ネット上では「久保田はどこまでクズなんだ」「こいつのクズは死ぬまで直らない」「お金のためなら何でもする男っていう印象は間違ってなかった」など、年下女優を盾に使ったセコイやり方を批判する声が多数見受けられている。

「元妻の財布からお金を抜いて警察に通報されたり、元妻をガールズバーで働かせたこともあったりと、とにかくお金への執着が強い久保田。昨年1月に放送されたバラエティ番組『水曜日のダウンタウン』(TBS系)でも、久保田の高校時代の同級生が、学校でお金がなくなったという事件が発生した際に、その“容疑者”として久保田の名前が挙がったというエピソードもあがっていましたね。この時、久保田は『してねーわ、ボケ。何やねんコイツ、出すなや!』と否定していましたが、同級生でもある相方の村田秀亮は『そういう噂いっぱいあったやん。でもホンマに』と、久保田の素行の悪さを認めていました。これだけお金が絡んだゲスエピソードが多いと今回の番組でとった行動もある意味、平常運転といえるでしょう」(エンタメ誌ライター)

 上沼恵美子への中傷発言で炎上して謝罪するも、その後ネット番組で「悪い者を打ちのめすヒーローは二次元では人気を集めるが、会社や社会の中では年長者権力者に意見をすると正しいことでも罪人、悪人のように大衆につるし上げられ、羊として生きることが正しいと洗脳された家畜たちに批判される運命にありますか」と騒動をまるで反省していないと思えるラップを見せたりと、懲りない久保田。クズキャラを演じているのではなく、生粋のクズであることは間違いない!?

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
純烈リーダー、「友井は死んだ」発言に「あのグループとは違う」と絶賛の声!
2
深田恭子をヤリ手会長に奪われた亀梨和也「結婚を決断できなかった理由」
3
女芸人からも批判!芸能界で“反・松本人志連合”拡大の動きが
4
ヤバい癖で迫る!?クロちゃん、お持ち帰り相手は“あの人気アイドル”だった?
5
菅田将暉「3年A組」はいきなりの最終回ネタバレで視聴者の獲得に成功!?