芸能

「NHK女子アナ黄金時代」を支える色香白書(2)上品な中の艶さが光る井上あさひ

 NHKに報道番組は数々あれど、出世街道の指標となっているのが、「NHKニュース7」だ。ちなみに平日は鈴木奈穂子アナ(36)が担当。土日祝日には井上あさひアナ(37)という、04年入社の同期組が担当を分け合っているのは偶然ではない。NHK幹部社員が語る。

「ウチの局では、女性アナウンサーが第一線で活躍するのはおおよそ40歳前後。その後は後進の育成のために帯ニュース番組やスポーツニュースの担当からいったん外れ、単発のスペシャル番組や情報バラエティーなどに活躍の場を移すことが多い。有働のように40代でもバリバリ最前線でやるのは特例なんです。そういう意味でも、彼女たちは今、局が最も評価しているアナウンサーと言えるでしょう」

 井上アナは鳥取、広島を経て09年に東京勤務。その後、京都支局へ異動したあと、17年から再び東京アナウンス室に所属した復活組だ。

「上品でかつ落ち着きのある、キャスター向きの逸材。コメントの返しも浮ついたところがなく、現状で実力はピカイチだと思います」(丸山氏)

 しかしNHKらしさを体現する存在ながら、ふとしたエロスが漂う瞬間もある。丸山氏が続ける。

「担当する『歴史秘話ヒストリア』での着物姿は艶っぽいのひと言。30手前ではこの色気は出せません。『ニュース7』でも、お天気コーナーで全身が映ると、腰回りの肉感や美脚にうっとりしてしまいます。特にスカートにスリットが入っている時は必見です!」

 一方の鈴木アナは4年間の地方局勤務後、一貫して東京アナウンス室に所属するバリバリのキャリア組だ。ところが、意外なプロフィールが暴露され、世間を騒然とさせたこともある。芸能ライターが明かす。

「実は彼女、学生時代はゴリゴリの『アムラーギャル』だったんですよ。安室奈美恵の引退報道が出た時は『放心状態になった。私も安室さんのファッションをマネしていたのでショックです』と番組内で発言していますし、ギャル雑誌の街角スナップに掲載されたこともあります」

 問題の掲載誌には、19歳当時の鈴木アナが、黒のハイネックセーターに薄い茶色のタイトスカート、黒ストッキングでキメた『なおこチャン』として登場。NHKの女子アナならば絶対公開されることのないスリーサイズについても「B83・W58・H82」とアッケラカンと語っていたのだ。

「今の清楚なルックスとのギャップがいい。ギャル時代の名残があるのか、たまにノースリーブなどの攻めた衣装でニュース読みをすることもあり、見逃せません」(芸能ライター)

 鈴木アナは昨年10月に体調不良で番組を休養。一部報道では妊娠降板も報じられているだけに、同期のライバル対決の勝敗は意外と早く決するかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報
2
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
3
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
4
深田恭子「“37歳”新・むっちりボディ」の秘密をバラす(1)バストサイズがボリュームアップ
5
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!