芸能

テレビ出演の理由を語る立川志らくに「っていうかなんで出られるの?」の声

 落語家の立川志らくが最近、テレビで目立ちまくっている。情報番組の「ひるおび!」(TBS系)ではコメンテーターとして暴論まじりの正論を振りまいては、ネットニュースに格好のネタを提供。1月24日放送の「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)では9カ月の娘にミルクを飲ませるイクメンぶりなど、意外な一面を披露していた。

 その志らくが2月1日放送の「ビビット」(TBS系)にて、テレビへの出演を増やした理由を“嫉妬”だと明かした。その相手は兄弟子の立川志の輔、そして爆笑問題の太田光だというのだ。

「兄弟子に対する嫉妬はともかく、なぜ太田に嫉妬したかというと、師匠の故・立川談志が太田のことを高く評価していたから。談志と太田は何度か共演・対談していますが、その中で談志は『オレの未練はむしろ爆笑問題の太田に置いていきたい』と語っていたのです。その言葉に反発を覚えた志らくは『私の嫉妬』と分析し、その嫉妬心を乗り越えるためには売れるしかないと考え、テレビに出る方法を模索したそうです」(テレビ誌のライター)

 とはいえ、テレビというのは出たいからといって簡単に出られるものではない。しかも志らくの発言に対してはネガティブな反応も多く、「よく知らないオッサンが偉そうにしゃべっている」「何でテレビに出られるの?」と憤慨する視聴者も少なくないのが現状だ。それではなぜ、世間的には決して有名人とは言えなそうな志らくがテレビでは重宝されるのか。落語好きの芸能ライターが指摘する。

「志らく自身も語っていますが、落語の世界で志らくは相当な売れっ子なのです。総勢800人ほどの落語家がいる中、落語だけで食べていけるのはせいぜい100人ほど。その中でも独演会のチケットがばんばん売れる人気者は限られており、志らくはその数少ない一人ですね。15年に始まった『落語大全集』は203席の落語をすべて演るもので、30年までの開催が決まっているほど。また演劇や映画にも造詣が深く、座長として劇団を運営したり、自らメガホンを取って映画を撮ったことも。現在は大手芸能事務所のワタナベエンターテインメントが芸能マネージメントを担当しており、それもテレビへの出演が多い理由の一つでしょう」

 多才がゆえにコメンテーターとしても引き出しの多い志らく。これからも一部の視聴者をイラつかせる正論で、テレビ界を楽しませてくれそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「バス旅Z」最新回!?田中要次&羽田圭介“ロケ目撃情報”
2
「Gバスト」森咲智美、激艶ソロキャンプ動画に「違うカップを想像」声とは?
3
白石麻衣 ケーキ実食「放送事故」で見せた「裏の顔」
4
伊藤健太郎「ガールズバー泥酔大放言」を実況
5
和久田麻由子“独り生活”の淋しさが溢れ出る?ただ今フェロモン大放出中!