スポーツ

大坂なおみ「褐色の大和撫子」の秘密(3)次なる目標は「日本語習得」

 昨年は流行語にも取り上げられた「なおみ節」。シャイなコメントは日本のみならず世界中から注目されているが、【9】はたして日本語力はどの程度?

「確かに、日本語を書いているところは見たことがない。それでも、日本語を話すのはそれほど下手ではない。会見で日本語でのインタビューを断ることもあるが、テレビ局が無理に日本語をしゃべらせようとしているだけで、本人は間違って伝わることを気にしている」(専門誌記者)

 とはいえ、大の苦手なのがスピーチだという。

「昨年3月、BNPパリバオープンでツアー初優勝をした際、試合後に舞い上がり、“史上最悪”のスピーチをしてしまった。その反省もあり、全豪優勝後、タオルをかぶって、用意していたスピーチのためのメモを読んでいた。でも、メモの内容を忘れたと明かし、観客の笑いを誘った」(スポーツ紙デスク)

 スピーチが不得手なところも日本人っぽいと言えよう。

「彼女は日本のメディアから取材を受ける際、時間に余裕があれば『日本語で質問して』と要請しています。わずかな機会でも日本語の学習に充てようとする積極的な姿勢は見上げたものだと思います」(塚越氏)

 【10】20年の東京五輪を控え、気になる米日の二重国籍問題だが、

「すでに、大坂は国別代表戦のフェドカップで日本から出場しており、ルール上でも今から米国を選択することはありえません」(スポーツ紙デスク)

 5月に全仏、7月に全英と、期待は前のめりだ。

「過去に四大大会で優勝した選手でもランキング1位になれなかった選手は山ほどいます。その点、四大大会優勝とランク1位をいきなり達成した大坂選手は実力だけでなく、運も持っている。5月の全仏のクレーコートには苦戦するかもしれませんが、当面はトップを維持する戦いになります」(塚越氏)

 かつて通算377週ランク1位の座を死守した絶対女王シュテフィ・グラフ以来、31年ぶり年間グランドスラムも大坂の視野に入っている。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
4
「Hバスト」清水あいり、「“あそこ”は英語で?」クイズへの反応とヤバイ回答!
5
伊藤沙莉、「マッパで“美バスト”を揉まれる」ベッドシーンの艶気が大絶賛!