芸能

ビートたけしの名言集「次から次へと披露した『フランス座漫談』」

 1月28日、浅草にて「ビートたけし杯漫才日本一」が開催され、大盛況のうち、無事に幕を閉じました。

 こちらの大会、「芸歴10年未満の漫才師」に参加資格が与えられ、10組が本戦に進んで、その腕を競い合ったのですが、他のお笑いコンテストと決定的に違ったのは、審査員が点数をつけ、優勝者を選ぶのではなく、殿の発案により「その日いちばん客にウケたヤツが優勝」といった審査基準です。

 で、わたくし的には、やたら豪華なゲスト審査員の方々と殿が待ち時間に交わす雑談が最高に興味深く、聞いていて、とにかくワクワクいたしました。

 ちなみに審査員といっても、厳密には審査しないため、“見届け人”といった名称が正しいのかと。

 で、当日いらした見届け人は、高田文夫先生に漫才師のナイツさん、そして大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の脚本を務める宮藤官九郎さんです。

 かつて殿が修行をした、元フランス座の狭い舞台袖で出番を待つ間、この豪華な面子で、ちょっとした雑談が始まるわけですから、その場にいた誰もが、耳をそばだてるのは当然であり、そのやり取りは、やや下品な言い方になりますが、まさに“金の取れる雑談”のオンパレードでした。

 そんな舞台袖で行われたプレミア雑談の中から、印象的だったものを記します。

高田先生 たけちゃんはここで昔、雑用とかやってたんでしょ?

殿 (嬉しそうに)そうそう。ここで幕開けたり、音出したり、踊り子さんの着物畳んだりやってたんだよ。

高田先生 着物なんかもパパッと畳んでたんだ。

殿 やったやった。俺、結構、着物畳むのうまいんだよ。だから、いつでも落語家さんの弟子になれるよ。

 そんな二人の会話を、「へ~~」といった顔で、感慨深く耳をそばだて、聞き入る宮藤官九郎さんにナイツのおふたり。で、みんなが聞き耳を立てている空気を察知した殿は続けて、

「昔さ、ストリップのねえさんが、タライにお湯入れて、入浴ショーをやったことあったんだけど、オイラがタライに熱湯のまま薄めないでお湯入れたら、ねえさんが『あっち! あっち!』って悲鳴上げて、なかなか入れなくて、いつまでたってもタライの周りをグルグル回って踊って、最後まで入浴しないで終わっちゃったんだから。そしたら、舞台降りてきたねえさんに『タケ! あんな熱いお湯を入れるバカがどこにいるんだい! あたしを殺す気か‼』ってえらい怒られたな」

 と、いつものように、瞬時に漫談を開始いたしました。さらには、

「踊り子さんの脱いだパンツをさ、棒の先に引っ掛けて楽屋に戻したら、『タケ! あたしのパンツは汚物じゃないんだよ!』って、また怒られたりしてさ。まーいろんなことやらされたよ」

 と、「フランス座漫談」を次から次へと披露したのです。

ビートたけしが責任編集長を務める有料ネットマガジン「お笑いKGB」好評配信中!

http://www.owarai-kgb.jp/

◆プロフィール アル北郷(ある・きたごう) 95年、ビートたけしに弟子入り。08年、「アキレスと亀」にて「東スポ映画大賞新人賞」受賞。現在、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」ブレーンなど多方面で活躍中。本連載の単行本「たけし金言集~あるいは資料として現代北野武秘語録」も絶賛発売中!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「おかあさんといっしょ」上原りさの「卒業」でパパたちの楽しみが消滅!?
2
高橋真麻、視聴者が絶賛した「ZOZO前澤氏ツイッター休止」への痛烈指摘!
3
清水富美加と結婚させられそうになった!?大川隆法長男「独白」報道の衝撃
4
ダレノガレ明美「ドナー登録呼びかけ」への批判が“特に厳しかった”理由
5
池江璃花子「白血病パニック」のドミノ倒し波紋(1)そっけなく「頑張りなさい」