スポーツ

藤田菜七子「GI初騎乗V」もある!Dr.コパが秘策を激白(2)気性が荒くて常に放馬を心配

 菜七子人気で当日は盛り上がること間違いなしだが、コパノキッキングについては、不安の声が聞こえてくるのも確かだ。スポーツ紙デスクが話す。

「特に距離延長です。『根岸S』後、手綱を取ったマーフィー騎手が『1200メートルがベストかもしれません。1ハロン延ばすとしたら微妙ですね』と話していた」

 小林オーナーの目には、どう映っているのか。

「まず見た目は、短距離を走るダート馬じゃないと思っています。脚は長いし、父も1800メートルの重賞を勝っている。だからこそ、購入時に米国の3冠レースに予備登録をしたぐらい。ただ、とても気性が荒くて、調教師泣かせでね。それですぐに去勢した。先日『タマは冷凍保存していないのか?』ってスタッフに聞きましたよ。ここまで強くなってくれたので、子孫を残しておきたくなった(笑)」

 初戦に京都ダート1200メートル(1着)を選んだのも、同馬の適性を重視したわけではなかった。

「どうしても2月4日の立春に走らせたかった。私は愛馬の運のいい日を選んでいるんです。しかし、その日の新馬戦は『除外の可能性がある』と言われたから、じゃあ、未勝利戦でいこうとなった」

 そのデビュー戦は10番人気と低評価だった。「理由は気性にある」とスポーツ紙デスクが話す。

「馬場や距離適性への疑問と、激しい気性でした。3戦目となった4月の阪神500万下を取り消したのも気性の問題からでした」

 気性については、小林オーナーもこう口にする。

「まず騎手に伝えることは『馬場に出る時に落ちないでね』『無事にゲートに入ってね』と。常に放馬して飛んでいってしまうことを心配しています(苦笑)」

 とはいえ、小林オーナーと村山調教師が、黙って見ているわけではない。前走の1400メートルから今回の1600メートルへ距離が延長となることについても対策を練っている。

「昨年の秋から『ちょっと距離を持たせる調教をしない?』と、村山調教師に相談したんです。そして角馬場でゆっくり、ゆっくりと長めに乗ってもらっている」

 そうした調教の成果が確実に現れ、「根岸S」の好走につながったわけだ。スポーツ紙デスクもこう言う。

「村山調教師はCウッドで長めから追っていますが、日に日に前半を折り合って行けるようになってる。『根岸S』でも、ダート戦なら前に行く戦法を取りがちなマーフィー騎手が巧みに操り、中団で脚をためていた。気性が荒い馬なので、気分を害すると反発することを感じ取ったんでしょう。距離ロスはあっても砂をかぶらない位置につけ、ラストではじける乗り方を選択したんだと思います」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
千眼美子、台湾で見せた「肉体の激艶変化」に男性ファンが騒然!
2
石田ゆり子が結婚できない理由はペットにあらず!本当の原因は別だった?
3
デカすぎる!本田翼、美バスト披露でメイキング映像にアクセス殺到!
4
鈴木愛らとバチバチ!「しぶこ」が同組で無視される“緊迫バトル”全貌とは?
5
日テレ水卜麻美、リバウンド指摘もファンから上がった「歓喜の声」!