芸能

振り返る「平成元年」の芸能界(6)「イカ天」を終焉に追いやった連発不祥事!

 人気低迷か外的要因か理由は様々だが、いくら社会現象を巻き起こしても、また国民的人気を誇ったとしても、テレビ番組とは必ず“終わり”の時が来るものである。

 平成元年、個性あふれるバンドを次々に輩出し、バンドブームを盛り上げ人気絶頂にあった「イカ天」(平成名物TV「三宅裕司のいかすバンド天国」)=TBS系=に激震が襲った。9月30日の朝刊各紙に、《「イカ天」ディレクター逮捕》の大見出しが躍ったのである。

「法律違反の薬物を所持していたとして神奈川県警が逮捕した10人の中に、『イカ天』の制作会社の29歳のディレクターが含まれていたことが発覚したんです。司会の三宅裕司は番組冒頭で、『一見、怖そうに見えるパンクをやってるヤツだって、みんな根はいいヤツなんだと言い続けてきたのに、こんなことが起きて本当にすみません』と謝罪しました。それでも視聴率が急落することはありませんでしたが、ブームに水を差してしまったことは間違いありませんでしたね」(芸能記者)

 この問題は、視聴者の心にザワッとしたものを残していたのだろう。翌平成2年3月にも、28歳の番組構成作家がやはり法律違反の薬物所持で逮捕。今度ばかりは、さすがに世間の批判が目に見えて厳しくなり、視聴率は急落。同年末に番組は2年を持たずして最終回を迎えることとなり、バンドブームも終焉となった。

 現在、トップの人気を誇るバラエティー番組といえば、「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)。昨年は宮川大輔が担当する人気企画「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」が、存在しない祭りをデッチ上げて放送していたヤラセ問題が批判を受け、番組存続の危機とも囁かれた。

「視聴率にはほぼ影響はありませんでしたが、数字は移り気だし、特にバラエティー番組は風評の影響を受けやすいもの。どんなに熱狂した番組でも、短期間に不祥事が続くと簡単に視聴者は離れてしまいます。今、現場では“とにかく不祥事だけは起こすな”と厳命されています」(日テレ関係者)

 今年中にまた問題が発覚すれば、「イッテQ」だってどうなるかわからない。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大橋未歩の“バックは必要”発言!/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(終)
2
吉岡里帆 ドラマ「レンアイ漫画家」で“27秒42回”バスト揺れも大爆死の舞台裏
3
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
4
テレ朝・安藤萌々、2年目で見せ始めた“Dバスト”の「本領発揮」!
5
広瀬すず、“前かがみ美バスト写真”で飛び交った「ネメシス」視聴者の願いとは?