芸能

日テレがウケるコツつかんだ?古田新太の女装教師ドラマに期待度MAX!

 4月20日スタートの新ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」(日本テレビ系)が放送前から大きな反響を呼んでいる。

 主演はイケメンではないのに華があり、演技が上手くおもしろいことで人気の高い古田新太。このドラマの放送は、かつてはジャニーズ主演枠となっていた土曜夜10時。放送中の坂口健太郎主演「イノセンス 冤罪弁護士」に続き2作目の“ジャニーズ以外の俳優主演”となる。

 古田が演じるのは同性好きで女装家の新任国語教師・原田のぶお52歳。この設定と配役に古田は「これで低視聴率ならただのミスキャストですよ。おいらの責任じゃない」と冗談めかしてコメントしているが、ネット上では「これは期待しかない!」「公開された古田の女装姿を見ただけで笑える」「やっと大人が見て楽しめそうなドラマが始まる」など、期待の声が殺到している。

「日テレで放送された『3年A組-今から皆さんは、人質です-』は原作なしのオリジナル脚本。変わった教師が主役の学園モノで、高視聴率を獲得しています。おそらく視聴者がテレビドラマに何を求めているか、どんなドラマを作れば喜ぶのか、つかんでいるんでしょう。その勢いで古田を上手に扱えば視聴率はもちろんのこと、映画化など大化けするドラマになりそうな予感がします」(テレビ誌ライター)

 古田が演じる原田のキャラクター監修を女装パフォーマーでエッセイストのブルボンヌが担当。放送中のドラマ「ゾンビが来たから人生見つめ直した件」(NHK)で注目されている脚本家・櫻井智也と、昨年10月期放送で、King & Princeの高橋海人、神宮寺勇太、岩橋玄樹が主演を務めた深夜ドラマ「部活、好きじゃなきゃダメですか?」(日本テレビ系)で連ドラ初脚本を担当した加藤拓也が今作の脚本を描くという。

 土曜の夜に「原田のぶお」という新たなスターが誕生するかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
2
小川直也が22年後にバラした「猪木の絶対指令」橋本真也を殴る蹴る/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
5
幸運を呼ぶ新幹線点検車両「ドクターイエロー」が引退!「撮影会と体験乗車」は必ず見られる最後のチャンス