芸能

田中&羽田「バス旅コンビ」が“クビをかけた勝負”に勝利も残された「不安」

 テレビ東京の人気企画「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」が3月16日の土曜スペシャルで放送された。いつも高い注目を集める同番組だが、今回はいつにも増して世間の話題になっていた。というのも、今回の旅に失敗すれば3連続で失敗になり、田中要次と羽田圭介のコンビが引退に追い込まれるからだ。2人の未来がどうなるのか、一挙手一投足に注目が集まったのである。

「太川陽介と蛭子能収のコンビから、今の田中と羽田になって視聴率が低下。内容も古くからのバス旅ファンに批判されています。そこで注目を集めるために引退をブチ上げたのではないかという話も出ています。引退させる気はまったくないのではないかというんです」(テレビ誌ライター)

 だが、千葉県の南房総をスタートして福島県の大内宿を目指す今回の旅はかなりの難易度。番組プロデューサーはスポーツ紙の取材に対して、手心はいっさい加えておらず、むしろ難易度が高いルートを設定したと明かしている。

 千葉を出て福島を目指すルートは太川と蛭子がコンビを組んでいた第16弾でチャレンジしている。この時は館山から会津若松というルート。鬼門となったのは郡山から会津若松の間。バスがなく、歩くこともできず、郡山で旅を断念している。

「今回もそのルートを使おうとしてバスがつながらないことがわかり、あわや失敗となるところでした。ここで急きょ方針を変更。徒歩で山越えをして次のバスにつなげることができました。歩いた距離は約14キロ、約2時間半にも及びました」(前出・テレビ誌ライター)

 これが功を奏し、みごとゴール。2人はクビをまぬがれて、今後もバス旅を続けことになった。すべて丸く収まったと結果と言えるだろう。ただ、次回以降を心配する声が消えたわけではない。

「新コンビのバス旅がつまらない理由として、2人があまりしゃべらないことが挙げられます。太川と蛭子は2人のトークがおもしろかったわけです。今回、クビを賭けた旅だったこともあって、田中も羽田も真剣そのもの。いつも以上にしゃべりませんでした。そんな2人を見た視聴者が『新コンビのバス旅はつまらない』と思って、観るのをやめてしまわなければいいんですが」(前出・テレビ誌ライター)

 何とか首がつながった田中要次と羽田圭介。だが、彼らの「旅」は前途多難であることに変わりはなさそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「旧姓の印鑑を即捨て」「服は10着だけ」北川景子のプロフェッショナルな「処分&整理力」が潔すぎる
2
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
3
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
4
ガーシー砲まみれの綾野剛がテレビマンに高評価のワケは…
5
広瀬すず、「バスト強調ストレッチ」メイキング映像にファン悶絶!