芸能

田中みな実VS宇垣美里「肉弾アピール」対決(1)「あの子に仕事を奪われる」

 3月末でTBSを退社し、フリーアナとなった宇垣美里の動向に大きな注目が集まっている。すでにテレビ各局から出演依頼が殺到中といわれるが、彼女の前にはTBSの先輩である「宿敵」フリーアナが強烈なライバルとして立ちはだかっていた。

 田中みな実(32)と宇垣美里(27)、両者の“因縁浅からぬ関係”についてTBS関係者が語る。

「実はTBSの同僚としては、宇垣が入社した半年後の14年9月に田中がフリー転身したため、関わりは多くなかったんです。ただ少ない接点にもかかわらず、宇垣の入社当時から異様なぐらい田中が敵対心を燃やし続けてきたのは事実なんですよ」

 両者ともに、“男ウケ”するブリッコ加減が魅力である。それだけに、田中にとって宇垣は、絶対に共存しえない相手だという。

「以前から田中が宇垣に関して『とにかく私とキャラがかぶりすぎ』と周囲にボヤいていたのは知られた話です。いわく『宇垣と一緒のところにいると私の存在が地味になってしまう』とのことで、田中が14年にTBSを辞めた理由の一因に、タイプの似通っている宇垣の入社もあったとささやかれていました。その後、フリーアナと局アナという異なる立場となり、不仲説は立ち消えになっていたのですが‥‥」(TBS関係者)

 だがここ最近、キャラクターを巡って、両者の“紛争”が再燃しているというのである。

「田中、宇垣ともに『闇キャラ』が代名詞となってきましたからね。文字どおり『心に闇を抱えたキャラクター』という意味ですが、田中は『もともとは私が考えたキャラ』と主張している。そして周囲のテレビ関係者たちに『キャラを宇垣にパクられた』と憤りを隠していません。一方の宇垣は田中の怒りを人づてに聞いてはいるものの、無視を決め込んでいるようです」(TBS関係者)

 両者の確執が表面化したのは昨年6月に放送されたTBS系ラジオ「ドランクドラゴン鈴木拓宅」でだ。

「番組アシスタントを務める宇垣に対し、ゲストとして出演した田中が終始、上から目線でツンケンした態度をとったんです。あげくの果てには宇垣の原稿読みにダメ出しをし始め、“新人アナ扱い”していました。宇垣も笑って対応していたものの、ピリピリと不穏な空気は隠しきれませんでしたね」(ラジオ関係者)

 そんな中での「宇垣独立」である。

「間違いなく田中を過激路線に走らせています。昨年秋頃に宇垣のフリー転身説がささやかれ始めてから、田中は『いよいよあの子に仕事を奪われる』と危機感をあらわにしていた。そこで田中が決断したのが“脱げる女優”としての活動なんです」(TBS関係者)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
2
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
3
「シブがき隊転倒」「明菜に帰れコール」…歌番組の「放送事故」を全部バラす!
4
「辞めなきゃよかった」中居正広・米倉涼子がホンネを漏らした独立の“後悔”
5
下半身をボロン!有村昆が夢中になった「女優Tの正体」にネットが熱視線