スポーツ

IOC会長よ、レスリングよりもこの五輪競技を除外しろ!(4)オリンピック委員会は伏魔殿

 はたして、決定権を持つIOCは当落判定をフェアに行っているのか。スポーツ評論家の玉木正之氏は、IOCをこう評する。

 「オリンピックには原理原則がないのです。ないのが当然で、近代五輪の始祖・クーベルタンが作ったとおりに五輪をやろうとするならば、女子は参加できなくなる。それなのに各IOC委員が利権とか利益に走ったからこういう結果になったと考えます」

 確かにクーベルタンは「より高く・より強く・より速く」という理念を掲げており、全競技に女子が参加したのはロンドン五輪が史上初である。当初の理念などおかまいなしに変節を繰り返す五輪。それを取りしきるIOCという組織に透明性などない、と言い切るのは前出・谷口氏だ。

 「現在の委員が選んで新たな委員が生まれます。IOCとは身内が身内を選ぶ組織で、そうすることが外側の政治力を排除する唯一の方法という理屈で成り立っているのです。委員になる人間はおのおのの利害を背負っており、そうした人間が内部で権力を持ち外部に対して影響力を持つ。そういう権力組織なんです。誰が今権力を持っているのかということを見れば、何が起こるのかわかります」

 前出・伊藤氏もこう続ける。

 「IOCは伏魔殿のようなところがあります。現在でも、君臨したサマランチ氏が選んだ委員が半分以上います」

 毎回、落選がささやかれる近代五種だが、繰り返される延命と、国際近代五種連合副会長にサマランチ氏の息子が就いていることは無関係ではあるまい。前出・馳氏は憤る。

 「まず要望したいのは、レスリングの39項目の数値評価を公開することです。よもやビリではないでしょうが、どの程度の評価なのか、それがわかれば自己改革ができるというものでしょう。少なくとも、一方的な投票で除外種目を決めるなんてけしからんよ!」

 また、前出・玉木氏はスポーツと利権の関係を解説しながら、こう主張する。

 「インドアスポーツは全て冬に持っていこうという意見もありました。バスケットボールもバレーボールも本来のシーズンは冬です。しかし、例えばバスケットならシーズンがかぶるからNBAは嫌がります。それが利権です。野球はユースオリンピック(14~18歳)が始まっているのですが、知名度がない。高校野球とバッティングすることで、朝日新聞が嫌がって取材をしないからです。利権の中で動く前に、スポーツの勉強をし、スポーツとは何か、オリンピックとは何かを話し合うべきです」

 ロゲ会長よ、利権にまみれたIOC委員こそ除外せんかい!

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
3
岡村隆史の“心ない発言”で若林正恭と破局した南沢奈央のファンが怒髪天!
4
「HIKAKINも抜いた」米津玄師、“いったいいくら荒稼ぎ?”とネットで大激論!
5
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(3)酒井法子が住居を追い出された?