芸能

「セーラー服ソング歌謡祭」(6)00年代編 前田敦子があの曲で「お父さん、ごめんなさい‥‥」

 青春のきらめく季節だけ着ることを、そして歌うことを許されるのが「セーラー服ソング」だ。80年代以降、世の男子たちを胸キュンさせた名作の数々を一気にパワープレイ!

     *

 チェキッ娘も推定少女も大きなムーブメントとはなりえなかったが、「会いに行けるアイドル」を打ち出し、歴史を揺り動かしたのがAKB48だ。秋葉原に専門の劇場を作り、いつでも会いに行けるというコンセプトだったが、05年のスタート当初は閑古鳥が鳴いていた。

 CDもインディーズレーベルからのデビューだったが、ようやく4枚目のシングル「制服が邪魔をする」(07年)が初のベストテン入り。前田敦子がナレーションを担当したキャッチコピーは「お父さん、ごめんなさい…」と刺激的なものだった。

 AKB48はデビュー以来、制服をアレンジした衣装を着続けた。元気ハツラツのアイコンと呼べる「会いたかった」(06年)は広く知られているが、インディーズ時代の最後のシングル「スカート、ひらり」(06年)の評価も高い。

「まだブレイク前ですが、昭和歌謡曲調のテイストが光る名曲。制服風の衣装を着たPVもいい出来です」(アイドル評論家・織田祐二氏)

 余談だが00年代の最初の時期、ロシアから来日して旋風を巻き起こし、さらにはトラブル続きで消えたデュオがいる。それは「t.A.T.u.」であった。

 日本の女子高生をイメージした衣装と、ほのかに同性好きカップルという設定だったが、人気は一瞬にして終わる。

 ならば、ここは任せろと日本の80年代ヤンキー的なテイストを蘇らせたのは、ガールズバンドのSCANDALだ。全員が制服姿で演奏するというスタイルに、孤高の不良性を匂わせた。2ndシングルの「SAKURAグッバイ」(09年)は、卒業の季節に強い思いを込め、歌詞の「ミサンガ」が切なく響く。

 最後に登場するのは、かの名曲を映像ごとリメイクした旬の2人である。

 80年代の薬師丸ひろ子の傑作「セーラー服と機関銃」を長澤まさみが06年にドラマで、橋本環奈が16年に映画でリメイクし、ともに初主演の栄誉となる。

 もちろん初代と同じく、有無を言わさずテーマ曲を歌わされる形になった。長澤は役名の「星泉」名義で、橋本は自分の名前でCDデビュー作として披露。

 時代が大きく変わろうとも、青春期の揺らめく感情はタイムスリップを可能とする。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
永島優美、仕事とプライベートの充実ぶりで隠しきれない爆裂バストの“張り”
2
「麒麟がくる」出演者の「バスト見せ&元気な下半身」が話題沸騰!
3
今田美桜、「女子高生時代の水着動画」拡散で“バスト急成長の謎”論争が勃発!
4
「絶対負けたくない」NHK上原光紀が“ライバル心をムキ出しにした”先輩アナ
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃