女子アナ

中村江里子、「パリでは妊婦にドアを開ける」話にブチ切れコメント続出!

 その独りよがりにも聞こえる語りを聞かされた人たちから口々に不平不満が…。

 元フジテレビのアナウンサーで、現在はフランス・パリ在住の中村江里子がブログを更新。自身の経験から「パリで妊婦になるとフランスのよいところが見えてくる」と投稿したものの、その見出しに気になって読んだ人たちから一刀両断されてしまったという。

「いわく、フランスでは妊婦が“弱者”として法律で定められていると書いています。ですから、いろんな人が妊婦に気づかってくれてドアを開けてくれたり、銀行で並んでいても先を譲ってくれたりしたそうです。もちろん、育休なども法律できちんと定められていると。日本でも少子化対策をするなら、フランスのように“意識”を変えることが大切と言ってますね。でも、どうでしょう?法律の部分でまだ足りないところがあるとは言っても、たとえば人の多い都会ではほとんどの人が妊婦に対しては気をつかいますし、設備のバリアフリーもどんどん整ってきました。パリの人たちとそこまで意識が違うとは感じませんよ。それに、フランスのことと言いながら、やたらとパリ、パリとあの大都市の名前を連呼する中村さんの意見は、はたしてどこまで日本のことをわかって言っているんでしょうね(笑)。ブーイングする人がいるのも当然と感じました」(女性誌ライター)

 中村は〈私は3人をパリで出産してます。勿論、妊娠期のほとんどをパリで過ごしています。体調の良し悪しは別として、パリで妊婦さんになるとフランスの良いところが見えてくる!!なんてよく言っていたものでした〉ともコメントしているが、そんな彼女の“パリかぶれぶり”にネット上にはちょっとウンザリ、といった言葉が並んでいる。口々に〈はぁ?ドアぐらい開けてあげるっつーの〉〈なに、このうっとうしいパリジェンヌ気取り〉〈一度ぐらい日本で産んでみてから言ってよ〉と大ブーイング。それどころか〈宗教であんなに人を差別する国に言われたくない〉〈フランス在住でしたが、パリの人たちはパリ以外の人を人間だと思ってなかった〉とフランスやパリに向けた怒りに満ちた声までも。

 彼女の一番言いたかったことは、日本ももっと法律で妊婦を保護すべきということのはず。でも、これだけ本質を外れて批判されてしまうのは、ひとえに“パリ”の連呼が鼻につきすぎたからかも?

(小机かをる)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
いまだ和解できず!フジモンとバッファロー吾郎・木村が絶対共演しない理由
2
元カノと薬物!?元有名グループメンバーXの逮捕疑惑に「大物すぎる!」の声
3
工藤静香、Koki,との母娘写真公開で噴出した「憐れみ」と「批判」!
4
ピエール瀧に続く…捜査員が秘かに追う「薬物芸能人」リスト(1)瀧に譲渡した疑惑の俳優H
5
竹内結子、「ストロベリーナイト」出演中の新婚夫のために主役を譲っていた!?