女子アナ

「平成のアイドルアナ」30年史(5)モー娘、AKB、坂道…そして「東大医学部卒」アナが誕生!

 11年、「モーニング娘。」の人気メンバーだった紺野あさ美がテレ東に入社したのである。その活動期間はわずか6年間だったが、朝の情報番組や夜のスポーツ番組などで活躍した。

「紺野が作った流れは止まらず、元ホリプロのタレントで日テレの『PON!』のお天気コーナーを担当していた宮澤智アナが12年に、その1年後には元イトーカンパニー所属で芸能活動を行っていた内田嶺衣奈アナがそれぞれフジに入社。ほかにもAKB48を辞めてサンテレビの契約アナウンサーになった中村麻里子や、SKE48の人気メンバーだった柴田阿弥もその座を捨てて、フリーアナに転身しています」(前出・週刊誌記者)

 昨年には今を席巻するアイドルグループ・乃木坂46の元メンバー・市來玲奈アナが日テレに入社、いきなり「行列のできる法律相談所」のアシスタントや「news zero」のお天気キャスターに抜擢されている。

 アイドル界の人気はモー娘。から48グループ、そして坂道グループと移り変わってきたが、同じ流れが女子アナ界にも訪れたのである。この4月にはテレビ朝日に元乃木坂46の斎藤ちはるアナが、フジテレビには「東大医学部卒」の肩書を持つ藤本万梨乃アナが入社している。

「令和」の時代には思いもよらぬ肩書の持ち主が「アイドルアナ」として視聴者の目を楽しませてくれるかもしれない。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
2
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談
3
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
4
キャンプ地で阪神のハッピを着て歩き回り…大阪テレビ局にセ・リーグ球団から大ブーイング
5
新たな火ダネに…ソフトバンク・山川穂高が逆転弾で見せた「どすこいポーズ」の嫌悪感