芸能

乃木坂46白石麻衣、出演ドラマでの衝撃セリフで証明した「艶ネタウェルカム」

 ドラマのセリフだとわかっていても、ファンとしては興奮もの?

 乃木坂46の白石麻衣が、4月20日放送の出演ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」(日本テレビ系)の初回放送で、現役アイドルらしからぬセリフを放ち、視聴者に衝撃を与えたようだ。

同作は古田新太が演じる同性好きで女装家の高校教師・原田のぶおが生徒の心を解き放っていく姿を描く学園エンターテインメント作で、白石は初めての先生役を演じている。

 白石が演じるのは教育現場を目の当たりにし、心がやさぐれてしまった教師2年目の世界史教師・里見萌。原田ほどではないものの、体育館での集会で居眠りしていたりと肝が据わった女教師だが、そんな里見が第1話で最も目立ったシーンは原田のために行われた歓迎会のシーンだ。他の職員たちが原田への接し方がわからず、現場がシーンとする中、里見は男性のシンボルを意味するズバリとくだけた言葉で発したうえで、それを「どうしてるんですか」と、大胆にも気になっていることを原田に質問。

 その質問に対して原田が「デカいわよ」と現存していることを説明すると、里見は少し間をおいて、「デカ」いシンボルを表す言葉を大きな声で発してみせて、他の教師たちを騒然とさせた。

 このストレートな言動には視聴者からも「まいやんのこの発言はウケる」「リアルでは絶対聞けないような発言だよな」「俺も同じことを言ってもらいたい」といった驚きの声が上がり、一時ツイッターでトレンド入りを果たすほどの注目度だ。

「今をときめく国民的アイドルの下半身ネタ発言にはセリフとはいえ、ファンもビックリしてしまったようですね。ただ、白石は15年11月放送のラジオ番組『沈黙の金曜日』(FM-FUJI)で、プチ暴露として、『私、白石麻衣…』と前置きして艶っぽいネタについて『ウェルカムです』と堂々宣言していたりと、艶ネタは特に気にならない性格です。それに過去にレギュラー出演していた競馬情報バラエティ番組『うまズキッ!』(フジテレビ系)で共演者のおぎやはぎ・小木博明から散々艶ネタを浴びせられてきましたから、下半身ネタへの耐性は十分にあります。白石としてもこれぐらいのセリフは問題なしというところなのでしょう」(エンタメ誌ライター)

 さらなる艶ネタ発言にも期待したいところだ。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
2
2026年WBC「ピッチクロック採用」に猛反対する日本球界の交換条件は「大谷翔平DHルール」
3
今江敏晃監督の「超冷酷采配と大バクチ」で一気に浮上した楽天に「ひとりカヤの外」の男
4
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
5
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!