芸能

天海佑希のテレ朝帰還が大成功で「平成の視聴率男」が“禁じ手”繰り出した!

 窪田正孝、吉高由里子、福山雅治、など春ドラマの顔が出そろったところで、最も視聴率を稼ぎ出したのが天海佑希の「緊急取調室」(テレビ朝日系)だった。

 芸能デスクが語る。

「他にも、井ノ原快彦の『特捜9』、沢口靖子の『科捜研の女』など視聴率上位を独占しているのはテレ朝のシリーズドラマばかりとなりました」

 しかも、秋には、米倉涼子の「ドクターX」まで帰ってくることが決まっただけにテレ朝ドラマ部はまさに“左ウチワ状態”だという。

ドラマライターが語る。

「天海さんは、16年秋放送の『Chef~三ツ星の給食~』(フジテレビ系)以来3年ぶりの主演ドラマとなります。天海は高視聴率女と言われたのがウソのよう、なんとか全10話を完走するのがやっと、平均視聴率7%という低調ぶりすっかり落ち目のイメージがついてしまった。以来、主演作から遠のいていましたが、過去2度演じている“キントリ”シリーズで久々に主演復帰となりました。取材嫌いで有名な天海さんがインタビューお待ちしてますと妙に低姿勢だったのが、本気度が高かった」

 結果を出した視聴率女王のドヤ顔をじっくり見守っていたのがあの視聴率男だったという。

「木村拓哉ですよ。今冬、月9主演に出演する話があったが、落ち目のフジでは数字が取れないとソデにしていた。次回作はどうするのかが注目されていたんですが、シリーズ復帰で結果を出した天海を見て、次回作はテレ朝でゴーサインを出したようです。作品は『BG~身辺警護人~』のパート2になるようです」(前出・デスク)

 F-1レーサー、パイロット、南極越冬隊員、アンドロイド…、これまで次々と新キャラを独特のキムタク流に演じてきた視聴率男がパート2に出演するのは異例のことだという。

「検察官役の『HERO』はドラマパート2に出演してます。ただし、この時は10年以上間隔を開けて満を持してのカムバックでした。今回のガードマン役は昨年演じたばかり。よほど、新ネタに詰まっているのか、出なければもはや演じられる新キャラがないのかも…」(前出・ライター)

 令和のキムタクは焼き直し男でいく!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
いまだ和解できず!フジモンとバッファロー吾郎・木村が絶対共演しない理由
2
石川佳純が“極太棒”を手に…思わずニンマリの妄想爆発ショットとは?
3
あの「りさお姉さん」が強そうになってる!ガッチリ化にパパたちの涙
4
フジ永島優美、激し過ぎる本格ダンスでやっぱり見えちゃった“バストの奥”!
5
華村あすか、平成最後の仮面ライダー女優が夏の爽やか水着で魅了!