スポーツ

中国は伊藤美誠よりも石川佳純がスキ?人民日報が“潔い態度”を絶賛!

 日本の女子卓球チームにとって、今回の世界選手権は“年の功”を思い知らされる結果ともなった。

「4月末まで行われた今回の世界選手権でもっとも注目されたのは、女子ダブルスで決勝戦まで進んだ伊藤美誠でした。早田ひなとのコンビで勝ち上がり、金メダル獲得なら52年ぶりの快挙でしたから」(テレビ局スポーツ部員)

“微妙な判定”にも泣かされた。第5ゲームで早田のサービスエースが決まったかと思ったら、審判は「ネット」のジャッジを…。伊藤は会場にあった大型ビジョンを指して、リプレイ映像を見るように促したが、無視された。そのまま試合も落としてしまい、試合後も「絶対に違うと思った」と不満をこぼしていた。

「決勝戦の相手は中国。審判が中国系マレーシア人なので、試合後、単なる誤審ではなく、“意図的な何”かがあったのではないかとあらぬ疑いまで掛けられていました。勝利した中国チームも喜び半減です」(前出・スポーツ部員)

 伊藤の今後の海外試合にも影響が出そうな雰囲気だ。これに対し、審判団を味方につけたのが、石川佳純だった。

 石川は伊藤たちより2日早く行われた混合ダブルスで銀メダルを獲得した。その決勝戦を戦う3時間ほど前、石川は3回戦を戦った。その3回戦の試合中だった。石川の放ったショットがビミョ~なところに落ち、いったん「イン」の判定が下されたが、石川は「相手の得点です」と審判に申し出たのだ。このクリーンな態度に会場が拍手を送ったが、中国メディアの東方網、人民日報までが絶賛していた。

「石川は審判と会場を味方にしたというか、好印象を世界中に与えました」(関係者)

 日本の卓球協会は伊藤・早田組が被った“誤審”について、正式に国際卓球連盟(ITTF)に抗議するという。伊藤の猛抗議と、石川の潔さ。どちらが自分のためになるかは言うまでもないだろう。明暗こそ分けたが、それだけ誤審の多い大会だったとも解釈できる。東京五輪の代表争いは体力勝負となるため、石川は高校を卒業したばかりの伊藤、平野美宇にやや遅れを取っていた。しかし、誤審を味方に変えることのできる石川の老獪さは、もっと評価されてもいいのでは?

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    元SKE48の松村香織がガールズケイリンに潜入。女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

    Sponsored
    137289

    ガールズケイリンをご存知だろうか? これは、2012年7月に復活した女子選手による競輪競走のこと。男子と同じ競輪場のバンクを使うという部分では共通するものの、ガールズならではの見所もある。そのひとつが“華やかさ”。ここ数年の自転車ブームでご…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
紅白出場のAKB48で「支店メンバーは出ない」!?その2つの根拠とは
2
国母和宏の「保釈ガッツポーズ」にファンも「スノボが終わった」と強烈罵声
3
降板求める声も!欅坂46菅井友香の「胸揉んでやる」つぶやいた共演者に猛批判
4
ゆで卵が効いた!?乃木坂46山下美月、人生初タイプ水着写真にファン大興奮
5
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは