スポーツ

中国は伊藤美誠よりも石川佳純がスキ?人民日報が“潔い態度”を絶賛!

 日本の女子卓球チームにとって、今回の世界選手権は“年の功”を思い知らされる結果ともなった。

「4月末まで行われた今回の世界選手権でもっとも注目されたのは、女子ダブルスで決勝戦まで進んだ伊藤美誠でした。早田ひなとのコンビで勝ち上がり、金メダル獲得なら52年ぶりの快挙でしたから」(テレビ局スポーツ部員)

“微妙な判定”にも泣かされた。第5ゲームで早田のサービスエースが決まったかと思ったら、審判は「ネット」のジャッジを…。伊藤は会場にあった大型ビジョンを指して、リプレイ映像を見るように促したが、無視された。そのまま試合も落としてしまい、試合後も「絶対に違うと思った」と不満をこぼしていた。

「決勝戦の相手は中国。審判が中国系マレーシア人なので、試合後、単なる誤審ではなく、“意図的な何”かがあったのではないかとあらぬ疑いまで掛けられていました。勝利した中国チームも喜び半減です」(前出・スポーツ部員)

 伊藤の今後の海外試合にも影響が出そうな雰囲気だ。これに対し、審判団を味方につけたのが、石川佳純だった。

 石川は伊藤たちより2日早く行われた混合ダブルスで銀メダルを獲得した。その決勝戦を戦う3時間ほど前、石川は3回戦を戦った。その3回戦の試合中だった。石川の放ったショットがビミョ~なところに落ち、いったん「イン」の判定が下されたが、石川は「相手の得点です」と審判に申し出たのだ。このクリーンな態度に会場が拍手を送ったが、中国メディアの東方網、人民日報までが絶賛していた。

「石川は審判と会場を味方にしたというか、好印象を世界中に与えました」(関係者)

 日本の卓球協会は伊藤・早田組が被った“誤審”について、正式に国際卓球連盟(ITTF)に抗議するという。伊藤の猛抗議と、石川の潔さ。どちらが自分のためになるかは言うまでもないだろう。明暗こそ分けたが、それだけ誤審の多い大会だったとも解釈できる。東京五輪の代表争いは体力勝負となるため、石川は高校を卒業したばかりの伊藤、平野美宇にやや遅れを取っていた。しかし、誤審を味方に変えることのできる石川の老獪さは、もっと評価されてもいいのでは?

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
森七菜、新CM動画“脱ぎシーン”でついに現れた爆裂バスト輪郭が大反響!
2
加藤綾子が“入れられる直前”ベッド姿を公開!すっぴん不安顔にファン騒然
3
広瀬すず「橋本環奈NG」解除の背水事情(1)格の違いで「相手にならないよ」
4
新垣結衣、大河ドラマ“初出演”に飛び交う「アノ穴はどうする?」の憶測
5
胸の先見えそう!ローラがシャツはだけショットを公開も「あざとい」評のワケ