事件

園児死傷事故の「ムゴい記者会見」にNHKの局員からも批判の声!

 5月8日に滋賀・大津市で発生した園児死傷事故で、事故の翌日から休園していた保育園が13日に再開。保護者からは保育士などの職員に対して温かい言葉が多数かけられたという。

 その事故で話題になったのが、保育園の開いた記者会見で園長に向かって投げつけられた数々の「心ない質問」だ。憔悴しきった園長から事故前の園児たちの様子を無理やり聞き出したり、全国の保育園で日常的に行われているお散歩を危険な行為と言わんばかりに保育園側の管理責任を問う質問など、まるで謝罪会見といわんばかりの「ムゴい場面」には日本中から批判が殺到した。

 ネット上では質問をした記者の所属と名前を特定する動きも少なくないが、その一方で現役のNHK局員による批判の声もあがっているという。

「現役慶大生のお笑い芸人からまさかのNHK入りを果たしたたかまつななは5月10日、《ご遺族の方への取材、記者会見も見たけど本当に意味わからん》とツイート。たかまつ本人も遺族取材の経験があると明かしたうえで、《メディアって凶器だし、歴史をみると戦争だって始められる。本当に味方しなきゃいけないのは誰か。力があるなら社会をいい方に変えたい》と自制を込めたツイートを連投していました。現役のNHK局員(ディレクター職)というインサイダーの立場で件の記者会見を“意味わからん”と断罪したのですから、相当重い意味を持つツイートだと言えるでしょう」(週刊誌記者)

 たかまつ自身は〈誰が悪いとか犯人探しして社会の何が変わるのか〉ともツイートし、ネットで広がる記者の特定に反対する態度を表明。その点ではNHK局員らしい配慮も欠かさなかったと言えそうだが、現役局員として記者会見を批判するのは相当な勇気が必要だったのではないだろうか。

「フェイスブックなど仲間内だけに公開されているSNSでは、現役のテレビ局員や新聞記者からも今回の記者会見を批判する声は少なくありません。ただ、たかまつのように誰でも見られるツイッターで声をあげる例はやはり少数派。たかまつの場合はNHK局員であることを、自分の“お笑いジャーナリスト”という使命を達成するための手段として割り切っているからこそ、業界内での軋轢を恐れることなく発言できるのでしょう。どんな業界でも内部批判はタブーとなりがちですが、悪いことには悪いと声をあげるのがジャーナリズムのはず。何かと批判されがちなたかまつですが、今回のツイートに関しては、彼女の姿勢を見習うべきかもしれません」(前出・週刊誌記者)

 ふたたび彼女が同じ内容のツイートをすることがないよう、メディア側の意識変革が求められているのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 事件   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
品川の二の舞に?友近に「パワハラ報道」噴出で「テレビから干される」危機!
2
縦スジも見えた!?フジ久慈暁子、走り高跳びに挑戦で注目された魅惑のヒップ
3
特によしこが心配!?「24時間テレビ」チャリティマラソンにあがった“猛批判”
4
開き直った?顔面改造疑惑お構いなしの“すっぴん”を公開した板野友美の心中
5
終盤でも視聴率が爆上げしない「あなたの番です」、“戦犯”は主人公の田中圭!?