社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<検便>「最も死亡率が下がるガン発見の近道」

 昭和生まれの方なら、小学校時代に「ギョウ虫検査」をした人は多いのではないか。寄生虫の卵の有無を調べる検査だったが、現在は廃止されている。しかし排泄された大便を検査する「検便検査」は、調理従事者などは感染防止などの観点から、法律で定期的に義務づけられている。

 一方、会社の健康診断などでも行われる「便潜血検査」で調べるのは、大腸・直腸のポリープやガンなどの消化器疾患があるかどうか。大腸ガンやポリープがあると、便が腸内を移動する際にガンやポリープの組織とこすれ、血液が付着する。これを調べることで、ガンやポリープを発見できるというわけだ。

 その検査方法は、便の表面を採便用の棒でまんべんなくこすり、2日間分を採取するのが一般的。その理由は、たとえ大腸ガンでも必ず毎回出血するというわけではないため、2回採取のうち1回でも陽性が出れば、再検査などが必要となる。

 ちなみに「便潜血検査」で陽性が出ると、すぐに大腸ガンを心配する人が多いが、痔による出血や腸炎、場合によっては胃潰瘍などで陽性が出る場合もあるのだ。

 実は陽性が出た人の中で約8割が「異常なし」と診断され、大腸ポリープが見つかるのが約2割、大腸ガンと診断されるのは2~3%という報告もある。

「便潜血検査」を受けることは、ガン検診の中で最も死亡率が下がる方法ともいわれている。大腸ガンは、「早期発見、早期治療」で改善する場合が多い。発見の最初のきっかけとして、検便は重要な役割を担っている。

 ただ「便潜血検査」で陽性にならなくても、血便がある、便が細くなった、おなかが張る、ひどい便秘が続いているなどの気になる症状がある人は、より精度の高い「大腸カメラ」の検査を受診することをお勧めしたい。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すずや橋本環奈も被害?女優の「透けバスト」動画を載せたYouTuberが物議!
2
人気女子アナ「ガチ“豊満バスト”番付」9月場所(3)フジ・渡邊渚は大学時代から注目を集めていた
3
マギー、「バストのふくらみ丸わかり」ボディースーツ横胸ショットの“艶度”
4
ぽっちゃり隠し?本田翼の衣装に騒然!「妊娠の憶測」まで飛び出す異常事態
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)