芸能

山田邦子、社員に加えて後輩芸人からも敬遠されていた!?

 ベテラン芸人の山田邦子が、所属事務所で周りから敬遠されているようだ。その山田は4月29日に、自分が出演した長唄の公演に所属事務所の事務所スタッフが誰一人としてこなかったことへの嘆きをブログに投稿。「女性セブン」の取材には「事務所は私に全然関心がない」と語るなど、事務所への不信を隠そうともしていないようだ。

 そんな山田を心配したのか、太田プロの後輩である有吉弘行はラジオ等でとりなす発言を何度も繰り出していた。だが、後輩の女芸人たちからも山田に対するネガティブな発言が飛び出したというのだ。

 5月20日放送の「おぎやはぎの『ブス』テレビ」(AbemaTV)では、太田プロ所属の小泉みゆきが「事務所の先輩からもらった服をメルカリで売っている」と告白。続けてハナイチゴの関谷友美も「太田プロって、先輩がめちゃくちゃ服をくれる」と明かし、続けて「おばさん女優の要らない服とか」と言い放っていたのである。

「おぎやはぎ・小木博明が先輩の名前を訊ねると、関谷は『邦子さん』と即答。26歳の小泉や35歳の関谷が、来年には還暦を迎える大先輩の山田を“おばさん”呼ばわりしていたのです。芸人界の上下関係を考えると普通ならあり得ない発言ですが、当の山田は今、地上波でのレギュラー番組がなく、貴重なレギュラーだったラジオ番組『日曜バラエティー』(NHKラジオ第1)もこの3月をもって終了しました。これでは小泉や関谷のような後輩たちが山田を敬う気持ちを持ちづらいのも致し方ないのかもしれません」(芸能記者)

 その山田は女芸人のパイオニアとして活躍し、中高年以上なら誰でも知っている名前と言える存在だ。かつては「邦ちゃんのやまだかつてないテレビ」(フジテレビ系)や「山田邦子のしあわせにしてよ」(TBS系)などの冠番組も抱えていた。しかし96年ごろから人気が陰りを見せ、好感度も急落していたのである。

「NHKの『好きなタレント調査』では88年から8年連続で1位に輝いていましたが、95年の恋愛スキャンダルでは芸能レポーターに『お前もてないだろう』と言い放つ場面がテレビで放送され、好感度が暴落。冠番組がなくなって以降はテレビ出演も減り、30歳未満の視聴者にとっては『本当に誰なのかわからない』というのが現実です。令和時代のお笑い辞書にはもはや、彼女の名前は載っていないとさえ言えるかもしれません」(前出・芸能記者)

 かつて一世を風靡したぶん、ゴールデン帯にその姿を見ることのない現実は、厳しいものかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
終盤でも視聴率が爆上げしない「あなたの番です」、“戦犯”は主人公の田中圭!?
2
品川の二の舞に?友近に「パワハラ報道」噴出で「テレビから干される」危機!
3
開き直った?顔面改造疑惑お構いなしの“すっぴん”を公開した板野友美の心中
4
特によしこが心配!?「24時間テレビ」チャリティマラソンにあがった“猛批判”
5
“加藤の乱”が影響!?近藤春菜、チャリティマラソン走者に選ばれた理由とは