芸能

戦慄の「アイドル襲撃」実録60年<グラドル篇>杉原杏璃が語った被害一部始終

 豊満な肉体が際立つグラドル。ファンは当然のこと、その場にいる男たちはつい視線を奪われてしまいがちだ。それが行きすぎて、危険にさらされた彼女たちは──。

 90年のクラリオンガールに選出されるやいなや、その美貌と類いまれなボディを武器にグラビア界のトップに躍り出た元祖グラドル・かとうれいこ(50)。人気絶頂の裏側で襲撃被害にあっていたことを、18年9月に明かしている。

「仕事終わりにエレベーターで自分の部屋がある階まで上がって、降りた瞬間、部屋のドアを見たら、知らない男性がドアノブをガシャガシャしていて」

 なんと、自宅を突き止めたファンが部屋前まで侵入してきたというのだ。かとうはそのままエレベーターから降りず1階まで戻ったというから、自身の機転で身を守る形となった。

 同様に杉原杏璃(36)も、自宅を知られるなどの被害にあっていたことを13年11月、週刊アサヒ芸能に告白している。

 何者かが自宅マンションを盗撮し、SNSにアップ。それを見たファンらが、背景や外観を頼りに自宅を割り出したのだ。

「ある時、ファンレターに『○○駅前の喫茶店で待ってます。杏璃ちゃんの家ってこの辺なんだよね』と書いてあって」

 と肝を冷やし、引っ越しするはめに。それまでも、路上であとをつけられることは日常茶飯事だった。

「最初の被害は12年頃。若い男にあとをつけられ、それが数カ月間続いたといいます。さらに3人同時に追われたり、ストーカーから助けてくれた男が逆にストーカーになる‥‥という衝撃の展開もあったそうです」(アイドルライター)

 そして、ついに逮捕者が出てしまう。18年1月、杉原のブログに「刺し殺すぞ」と書き込んだ男が脅迫容疑で逮捕されるのだが、実は男は以前から杉原の握手会に来ていたという。イベント中は生きた心地がしなかっただろう。

 女優としても活躍中の柳ゆり菜(25)にいたっては、15年12月、書店での握手会で裏から近づいてきた男に右腕を引っ張られる暴行被害にあっている。すぐにスタッフが取り押さえたので柳にケガはなかったが、男はナイフを所持していたという。

「男は、同年7月からSNS上にあった『柳に性的暴行を加える』という書き込みを見て『彼女を助けようと思った』と供述しましたが、その思い込みの強さは異常と言えます」(スポーツ紙記者)

 最近では、電車内などで他人のスマホに卑猥画像を勝手に送信する“AirDrop痴漢”に遭遇したことを、Gカップグラドルの園都(26)が「橋本マナミのヨルサンポVI」(BSフジ)で告白。

「すっごい元気になった‥‥もうなんかアレだったんですよ」

 と、隆起した男性器を見て、恐怖心ですぐに目を背けたことを明かしている。

「モバイル機器を使用した被害は以前、花井美理(34)が全盛期の00年代に小型カメラを控え室に仕掛けられて盗撮されそうになったが、手口は日々進化しています」(アイドルライター)

 最後に、観衆の前で“襲撃”された衝撃的な事件を忘れてはならない。

 18年3月、日本リトルシニア中学硬式野球協会関東連盟の開会式で始球式に登板した稲村亜美(23)がピッチングを終えた、その時だった。

「彼女の周囲を囲むように整列していた中学生の輪がぐんぐん小さくなり、最終的に稲村が中学生の大群に飲まれ、もみくちゃにされてしまったのです。その様子を観客たちは背筋を凍らせ、見守るしかできませんでした」(スポーツ紙記者)

 まるでゾンビ映画のような光景が、そこには広がっていたという。

 受難の多いグラドルたち。これ以上、被害者が出ないことを願いたい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
3
日本代表GKが明かした「静岡名物監督」の激ヤバ破天荒「負けたら選手を罵倒した」
4
リーグ戦再開でも騒がしい「しんどいから今年で退任」阪神・岡田彰布監督の取り扱い問題
5
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!