女子アナ

小川彩佳、「NEWS23」デビュー前に早くも有働由美子を超えた!?

 3月末にテレビ朝日を退職し、6月3日の放送から報道番組「NEWS23」(TBS系)のメインキャスターに就任する、元テレ朝アナでフリーアナの小川彩佳に、社長も太鼓判だ。5月29日に行われた定例会見にてTBSの佐々木卓社長が、「ニュース23を小川彩佳さんで一新する」と宣言したのだ。

 佐々木社長は小川について「ジャーナリストとしてもしっかりしている。夜のニュースの顔としてふさわしい方」とベタ褒め。同様に報道局の担当者も「時代の共感者として、伝え手としても幅広くニュースを自分のこととして考え、伝えることに長けている」と小川を評してみせた。

 これらの高評価についてテレビ誌ライターが指摘する。

「まだ番組に出演していない時点での称賛からは、期待の高さがヒシヒシと伝わってきます。そして何より注目したいのは、社長の口から飛び出した“ジャーナリスト”という言葉。小川本人はこれまで自分をジャーナリストになぞらえたことはないはずで、周囲が彼女のこれまでの言動に“ジャーナリスト魂”を見いだしているのでしょう」

 実際、公式ブログにも「ジャーナリスト」という言葉は一回も使われておらず、小川自身はみずからの肩書にこだわっていないのかもしれない。その点において、ライバル番組のキャスターにはすでに差をつけているとの指摘もあるようだ。

「昨年10月から『news zero』(日本テレビ系)のメインキャスターを務めている有働由美子は、昨年3月のNHK退局時にみずからをジャーナリストだと宣言。しかしNHKの先輩でもある池上彰氏から『そんな簡単にジャーナリストなんて自称してほしくない』と批判されたものです。そして肝心の『news zero』ではほとんど自分の意見を言わず、すぐコメンテーターに『いかがですか?』と振るだけ。単なる進行役だとして視聴者も呆れています」(前出・テレビ誌ライター)

 ジャーナリストを自称する有働と、他人から認めてもらった小川。そんな二人の力量は6月3日以降、簡単に見比べることができるようになる。

(白根麻子)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
プロ野球 セパ「12球団の一平ちゃん」を暴く!(3)佐々木朗希「成績度外視メジャー入り」密約で総スカン
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す