政治

橋本府知事VS平松市長 オモシロすぎる「仁義なき口撃」(1)

政策でことごとく対立してきた
 11月27日投開票の大阪市長選が本格的に動き出した。今月19日に現職の平松邦夫市長(62)が再選を目指して立候補を表明。大阪府知事からの鞍替え出馬を示唆する橋下徹氏(42)との一騎打ちに注目が集まっている。
07年11月に大阪市長に当選した平松氏と、08年1月に大阪府知事に就任した橋下氏。最初は蜜月だった2人だが、その関係は徐々に悪化。最近は、選挙戦を意識してか敵意.き出しの応酬を続けてきた。橋下知事が、「(平松市長は)政治的センスがない」と〝口撃〟すれば、9月17日には、橋下氏の政治手法を議論する「橋下主義(ハシズム)を斬る」というシンポジウムが大阪市内で開かれた席には平松氏が参加。自治体改革や教育行政に政治主導を打ち出す橋下氏の姿勢をファシズムにかけて批判的に検証する異例の集まりだった。まさに両者の遺恨はエスカレートするばかりなのだ。
 府政担当記者が振り返る。
「2人の衝突の発端は府市 水道事業の統合計画だった。就任当初、二重行政の解消を目指した橋下知事は平松市長と話し合い、統合について協議を開始した。しかし、運営方式を巡り市長と合意ができず、計画は昨年に破綻。この時、橋下知事は『水道程度ですらダメだったのだから、この先の提携はもっと難しい』と周囲に話したそうです」
 案の定、その直後に大阪市営地下鉄の民営化問題でもまたぶつかった。完全民営化を求める橋下氏に対し、線路などのインフラは市が所有、運行部門だけを私鉄との共同株式会社で担う「上下分離方式」を進めたい平松氏。ここでも両者の主張はかみ合わなかった。市政担当記者が解説する。
「平松さんは橋下知事の民営化論をかわすためにあえて『上下分離方式』を採用した。多額の税金を投入している地下鉄インフラを所有することで、市の基盤を守る姿勢を市民に訴えた。知事の民営化論に対抗するのが最大の狙いで『橋下の意見には意地でも耳を貸さない』という気持ちがあからさまに表れていた」
 そこで業を煮やした橋下氏が10年4月に旗揚げしたのが地域政党「大阪維新の会」(以下、維新の会)だった。大阪府と政令指定都市の大阪・堺両市を再編するという「大阪都構想」を掲げ、鳴り物入りで大阪の行政に殴り込みをかけたのだ。平松氏が賛同しなければ、知事を辞職し、大阪市長選に立候補する意向を示したのもこの時だった。
 結成以来、橋下氏のもとには地方議員が続々と馳せ参じ、府議会では約2カ月間で自民党会派を上回る最大会派に。発足時にわずか1人だった大阪市議会は自民党会派から維新の会に鞍替えする議員が相次ぎ、2カ月間で11人に急増した。「大半の市議は当初、大阪都構想に猛反発しました。自分たちの存在を否定する構想ですからね」(前出・市政担当記者)
 そんな彼らを狼狽させたのがその年の5月。福島区の大阪市議補選で、「維新の会」の公募候補が既成政党の各候補を退けて圧勝したのだ。
「橋下知事の圧倒的な集票力を見せつけられ、現職市議たち、中でも支持層が重なる自民党会派の議員たちは浮き足だちました。翌年に統一地方選を控え、みずからの生き残り策の再考を迫られたわけです」(前出・市政担当記者)
 維新側はこの時とばかりに切り崩し攻勢をかけた。ターゲットはむろん自民党会派の市議たち、とりわけ、支持基盤の固まっていない若手議員を狙った。殺し文句は「こちらに来なければ、統一地方選で対立候補を擁立する」だったというからまさに宣戦布告だ。

カテゴリー: 政治   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し