芸能

なぜイライラ?木下優樹菜、ファンに「黙れ」暴言で批判殺到!

 イライラしていることはわかるが、もっと適切な返しがあったのでは?

 木下優樹菜が自身のインスタグラムを6月2日に更新。質問コーナーを設け、ファンから寄せられた質問やメッセージに返答しているが、大人げないやりとりに批判が集中している。物議を醸しているやりとりは〈フジモンの事を愛してね!〉というファンからのメッセージに対しての返答だ。

 木下はこのメッセージに対して〈まだ 愛 てやつをちゃんと知らなそうなおこちゃまには言われたくないわ!黙れ〉と、よけいなお世話だといわんばかりの返答をしている。

〈黙れ〉の後にハートマークこそついているものの、さすがに「黙れ」という言葉にこそ“愛”は感じられず、木下がイラついてことは明らかなため、ネット上からは「いやいや、ファンに『黙れ』はダメでしょ」「何故、相手を愛を知らないお子ちゃまだと思ったの?」「木下よりは質問者さんの方が純愛を知っているんじゃない」など、批判が殺到している。

「木下としては自分たちのことをよく知らないファンにそんなことを言われる筋合いはないということでイラっと来てしまったのでしょうが、夫のことを本当に愛しているのであれば、サラッと流せるメッセージだと思います。また、木下は3月にインスタに、スタイリストの男性の肩に頭を乗せて甘えたような表情を見せた動画を公開。夫であるFUJIWARA・藤本敏史が可哀想だという批判の声が上がっていましたから、その流れもあり、木下もイラついていたのかもしれませんね。とはいえ、このメッセージを送ったファンは純粋にエールのつもりで声をかけたのかもしれませんから、暴言を吐かれてしまったのは気の毒ですね」(エンタメ誌ライター)

 とりあえずはそれぐらいでキレてしまうようであれば、質問コーナーなど設けない方が木下のためでは?

(佐伯シンジ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」