芸能

「なつぞら」ヒロインなつは「半分、青い。」ヒロイン鈴愛より「タチが悪い」!?

 記念すべき連続テレビ小説100作品目となる「なつぞら」(NHK)がスタートして早や3か月。ネット上では「なつぞら」の視聴から脱落することを「脱ぞら」と呼び、「なつぞら」の欠点が気になる人は「なちゅぞら」とタグを付けて意見交換することが、すっかり定着したようだ。

「実は『なつぞら』開始当時から、“奥原なつをヒロインにしたドラマ”ではなく、“オジサンがかわいいと思う広瀬すずのカタログ動画のようだ”と指摘する声が相次いでいたんです。なつがどんな感情を持っているのか不明な場合が多いことから“自分勝手で情緒不安定なお騒がせ娘”との悪評が高かった、昨年上半期に放送された朝ドラ『半分、青い。』で永野芽郁が演じたヒロイン鈴愛と比較され『感情不明の“サイボーグなつ”より鈴愛のほうがマシ』『なつは鈴愛よりタチが悪い。生意気で礼儀知らず』『なつが出てくるたびイラッ。鈴愛にイラッとしても演じてた永野芽郁にはイラつかなかったけど、最近はCMで広瀬すずを見てもイライラッ!』などと指摘されているんです」(女性誌記者)

 6月26日放送の第75話から第77話まで、アニメ映画「わんぱく牛若丸」の牛若丸を乗せた馬が崖を駆け下りるシーンの作画に悩んだなつが、自分の手を馬の前脚に見立ててクルクルと回すシーンが何度も繰り返された。ところが、

「このシーンには、『これはなつじゃない。明星食品のCMで「ちゃるめにゃ~」と言ってた広瀬すずそのもの』『広瀬を好きな権力あるオッサンたちへ。広瀬がかわいいのはわかりました。どうか広瀬に奥原なつを演じてもらってください』『数十秒のCMではバレない広瀬のワンパターン顔演技が朝ドラでは悪目立ちしまくり』など、広瀬だけでなく脚本や演出に関わる批判の声まで集まっているようです」(前出・女性誌記者)

 7月2日放送の第80話からは、なつの妹・千遥として清原果耶が新たに登場。7月6日放送の第86話には、吉沢亮演じる天陽の嫁・靖枝として大原櫻子が登場するというから、潮目が変わりそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、ジャージ着用でバスト隠しに「残念!」の声続々
2
フジ堤礼実“肌着のヒモ見え”だけで大騒ぎになった人気と“期待値”
3
石田ゆり子「すっぴん」動画で指摘され始めた“奇跡の50歳”の限界
4
木下優樹菜、夫以外の若い男性との密着公開で「こんな奥さん無理」批判の嵐!
5
田中圭&武田玲奈「ボートレース」CM炎上も「指摘する人は欲求不満!?」の声