芸能

米倉涼子 ミュージカル「シカゴ」“艶”舞台を汗だく実況!(4)男より仕事を選んだ「理由」

 テレ朝関係者が続ける。

「今年、テレビ朝日60周年の節目として選ばれたのが、確実に数字が取れると見込まれている『ドクターX』でした。米倉本人としては、松本清張作品での悪女役にも思い入れがあるようですが、大門未知子をなかなか超えることができず、悔しい思いもあるようですね」

 だが、「ドクターX」でのちょっとコミカルで色香あふれる役回りに、まさにドハマリする中高年視聴者が続出。それゆえの20%超えであることは間違いない。

 芸能レポーターの城下尊之氏が語る。

「共演者の皆さんともいい関係を築いているようですし、なにより視聴率を取っていますから続編は既定ライン。何があっても最後は『失敗しない』というストーリーはパターン化してしまうため、ご本人としては、他の役に挑戦したいという意向もあったようですが、やはり視聴率的に辞めるわけにはいかない。テレビ離れが加速して『以前ほど視聴率が取れない』と言われる中でも、毎回、他の作品より高視聴率なのは確かです。それだけ多くの視聴者が支持しているという現れでもあるし、テレビ局側としては、ギャラを上げてでも年に1回はやりたいのではないでしょうか」

 そのとおりで、撮影現場も和気あいあいそのもの。

 前シーズンでは東京地検特捜部に逮捕された蛭間政勝役の西田敏行(71)を「としちゃん」と呼ぶなど、たびたびかいま見えるおじさまキラーぶりも米倉人気に拍車をかけているようだ。

「大の酒好きで、下ネタもOK。共演者や周囲への気遣いも完璧で、気立てもよいと評判です。彼女の気さくな雰囲気は見た目とのギャップも相まって、大御所俳優を魅了してしまうようですね。彼女から『~ちゃん』と呼ばれて、嫌な男なんていないでしょう」(芸能関係者)

 順風満帆に人気を獲得し視聴率女王となった米倉も、プライベートでは失敗続き。市川海老蔵、岡本健一といった華やかな男性遍歴を経て、14年に2年交際していた一般男性と結婚。ところが、わずか3カ月で別居し、16年の離婚に至った。

「事務所の御膳立てのおかげで、無事に離婚することができたと聞いています。上戸彩(33)、武井咲(25)、剛力彩芽(26)ら稼ぎ頭が結婚や熱愛で私生活優先のため、米倉が事務所を盛り立てないといけない。本人もそれは重々承知しているようですし、作品が続いて多忙な現在は仕事が恋人という状況なのでは」(事務所関係者)

 6月に女優生活20年を迎えた米倉。令和では私生活でも失敗しないでほしいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
2
小川直也が22年後にバラした「猪木の絶対指令」橋本真也を殴る蹴る/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
幸運を呼ぶ新幹線点検車両「ドクターイエロー」が引退!「撮影会と体験乗車」は必ず見られる最後のチャンス