芸能

米倉涼子 ミュージカル「シカゴ」“艶”舞台を汗だく実況!(4)男より仕事を選んだ「理由」

 テレ朝関係者が続ける。

「今年、テレビ朝日60周年の節目として選ばれたのが、確実に数字が取れると見込まれている『ドクターX』でした。米倉本人としては、松本清張作品での悪女役にも思い入れがあるようですが、大門未知子をなかなか超えることができず、悔しい思いもあるようですね」

 だが、「ドクターX」でのちょっとコミカルで色香あふれる役回りに、まさにドハマリする中高年視聴者が続出。それゆえの20%超えであることは間違いない。

 芸能レポーターの城下尊之氏が語る。

「共演者の皆さんともいい関係を築いているようですし、なにより視聴率を取っていますから続編は既定ライン。何があっても最後は『失敗しない』というストーリーはパターン化してしまうため、ご本人としては、他の役に挑戦したいという意向もあったようですが、やはり視聴率的に辞めるわけにはいかない。テレビ離れが加速して『以前ほど視聴率が取れない』と言われる中でも、毎回、他の作品より高視聴率なのは確かです。それだけ多くの視聴者が支持しているという現れでもあるし、テレビ局側としては、ギャラを上げてでも年に1回はやりたいのではないでしょうか」

 そのとおりで、撮影現場も和気あいあいそのもの。

 前シーズンでは東京地検特捜部に逮捕された蛭間政勝役の西田敏行(71)を「としちゃん」と呼ぶなど、たびたびかいま見えるおじさまキラーぶりも米倉人気に拍車をかけているようだ。

「大の酒好きで、下ネタもOK。共演者や周囲への気遣いも完璧で、気立てもよいと評判です。彼女の気さくな雰囲気は見た目とのギャップも相まって、大御所俳優を魅了してしまうようですね。彼女から『~ちゃん』と呼ばれて、嫌な男なんていないでしょう」(芸能関係者)

 順風満帆に人気を獲得し視聴率女王となった米倉も、プライベートでは失敗続き。市川海老蔵、岡本健一といった華やかな男性遍歴を経て、14年に2年交際していた一般男性と結婚。ところが、わずか3カ月で別居し、16年の離婚に至った。

「事務所の御膳立てのおかげで、無事に離婚することができたと聞いています。上戸彩(33)、武井咲(25)、剛力彩芽(26)ら稼ぎ頭が結婚や熱愛で私生活優先のため、米倉が事務所を盛り立てないといけない。本人もそれは重々承知しているようですし、作品が続いて多忙な現在は仕事が恋人という状況なのでは」(事務所関係者)

 6月に女優生活20年を迎えた米倉。令和では私生活でも失敗しないでほしいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
3
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
4
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
5
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”