社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<四十肩と五十肩の違い>「急性期と慢性期の過ごし方が完治の鍵」

 高い場所の物を取ろうとしたら、肩に激痛が‥‥。「もしかして四十肩か五十肩?」と不安になる人も多いだろう。中高年に多く見られる典型的な肩の痛みが「四十肩・五十肩」だ。

 そもそも「四十肩・五十肩」は、名前のとおり、症状が40代で出れば「四十肩」、50代で出れば「五十肩」と呼ばれていて、両者に違いはない。実際には40代から60代まで、幅広く見られ、医学的に「肩関節周囲炎」と言われている。

 その症状のほとんどは、片側の肩のみに異状が現れるが、まれに発症後、しばらくして、もう片方にも発症する場合がある。ひどい場合には、肩を動かすたびに腕や手先にも痛みが伝わるようになっていく。

 急激な痛みの場合も、数日間~2週間程度で症状は治まる。この急性期には、とにかく無理に肩を動かさず、安静にすることが大切だ。さらに注意すべきは痛みが治まる一方、徐々に鈍い痛みに変わってくる「慢性期」である。

 この時期は、痛いからといって肩を動かさずにいると、肩の筋肉が萎縮して、さらに動かなくなってしまうため、積極的に肩を動かすことを心がけて。

 痛みがひどい時には、肩を温めたり、市販の湿布薬を塗る、ストレッチをする、など血行をよくすることも効果がある。ただし、それでも治まらない時は、早めに整形外科を受診して、関節へのヒアルロン酸やキシロカインの注射で治療することも必要になってくる。

「四十肩・五十肩」は一度発症すると、もとの状態に戻るには通常1年前後かかると言われている。しかも、どこまで治るかは本人のリハビリしだい。

 ちなみに、四十肩・五十肩は健康保険で鍼治療が受けられるので、これをうまく取り入れるのもお勧めだ。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子が結婚できない理由はペットにあらず!本当の原因は別だった?
2
ラグビー日本代表の感動が台無し!?YOSHIKI、南アフリカ戦に登場に批判殺到
3
常盤貴子、美麗ドレス姿の“クビレ”に称賛の嵐も胸に「ある疑惑」が急浮上!
4
中山美穂、49歳の「不貞ベッドシーン」挑戦に“肉食本性”炸裂を期待する声!
5
「モトカレマニア」大爆死も“新木優子の割れ目”披露に視聴者が歓喜!