エンタメ

武論尊、北斗の拳「ケンシロウは一番書けない」

──基本的には思いつきで始めたことにだんだんリアリティをつけていく作業だったんですかね。胸の7つの傷にしても何も考えないでつけてたみたいだし。

武論尊 あれは完全にファッションとして、「つけといてくれ」って。それがあとで、「何だ、シンがつけたことにすりゃいいじゃん!」ってなった時、俺は天才的だなと思って自分で惚れぼれしたもん!

──ダハハハハ! その手があったかって(笑)。

武論尊 しかも「俺を愛してるって言ってみろ!」ってユリアに言いながら指を刺していく。ゾクゾクして書いたね。「うわ、俺うまいわ!」と思って。その繰り返しだから、何の伏線じゃなく書いたのが、あとで使えるんですよ。だからあとづけの天才ですよね。

──嘘うまいですよね。

武論尊 うまいですよ! だから度胸があれば結婚詐欺師やってますね(キッパリ)。度胸がないだけで。

──兄弟の設定とかもあとづけで作り込んでいって。

武論尊 だからホントに話に困って。シンのシリーズが終わって、ジャギっていうのが出た瞬間にまた少し流れが変わったんですよ。ケンシロウの兄貴が出てきたことで。そうするとケンシロウって名前だから上に3人兄ちゃんがいる。ジャギがいて、あと2人いるはずだっていうことで、あとづけでトキとラオウを作ったわけ。それが化けてくるわけだから、それも含めて俺の運なのか才能なのかよくわからないけど、最終的にはそれがうまくハマッてっちゃうっていう。

──好きなキャラはラオウだって言われてますよね。

武論尊 いや、ジャギが一番好きなんですよ。等身大でいえば。似てるでしょ?

──ダハハハ! そっち!

武論尊 一番書いてて楽しいんですよ。人間らしいでしょ? だから一番好きです。ラオウはもう究極の男だしね。で、ケンシロウは一番書けないんですよ。

──人間味ないですしね。

武論尊 スーパーヒーローってやっぱりセリフもなくなるし、自分から仕掛けるとチンピラになっちゃうからリアクションの芝居しかできないんで、つまんないんですよ。ところがラオウなんて自分から仕掛けるのだって強烈だから。リアクションの芝居ってなかなか難しくて、だからケンシロウって最後はやっぱり高倉健になっちゃうんですよ。

──いまボクの頭に浮かんでたのも高倉健でした。

武論尊 だから周りが魅力的で、そのおかげで主人公が立ってくみたいな作り方しかないんで。主人公を作るのは一番苦手ですね。

──一番ノッて書いてたのがその辺りの時期ですか。

武論尊 そうですね。4兄弟の闘いになって、そのへんが一番書いてておもしろかったんじゃないですかね。その頃はほとんど書き直しはなかったです。だから原君にだけ仕事させといて、堀江君と2人でよく飲みに行ってましたね。

──そういう時って仕事の話はしないんですか?

武論尊 とりあえず六本木でおネエちゃんのケツ追いかけてただけですね。あいつがお姉さんで俺が妹で、姉妹を追いかけてました。

 

プロインタビュアー 吉田豪

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
2
2026年WBC「ピッチクロック採用」に猛反対する日本球界の交換条件は「大谷翔平DHルール」
3
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!
4
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
5
今江敏晃監督の「超冷酷采配と大バクチ」で一気に浮上した楽天に「ひとりカヤの外」の男