芸能

「あなたの番です」で昏睡から覚めた袴田吉彦の経歴が偽装されていた!?

 交換殺人をテーマとしたドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系)に出演している袴田吉彦の経歴が、ドラマさながらに偽装されていることが発覚したという。

 袴田の演じる久住譲は、自分が俳優の袴田吉彦にそっくりであることにコンプレックスを抱く人物。その久住はみずからが犯した殺人事件の際に落下して意識不明になり、7月28日放送の第14話では意識を取り戻すも落下のショックで記憶喪失となっており、自分を18歳当時の袴田吉彦だと思い込んでいる場面が映し出された。

 その久住に対し、主人公の手塚翔太(田中圭)が妻を殺された事件との関連性について問いただしたのだが、そこで交わされた会話が視聴者の間で話題となっているようだ。テレビ誌ライターが振り返る。

「断片的ながら思い出したことがあるという久住は、広くて明るい場所でゴルフのスイングをしていると説明。その時にRIKACOと松下由樹の二人から《どうしてアピールパフォーマンスがゴルフのスイングなのか》と訊ねられたと語りました。それに対して翔太が『それ多分、ジュノンスーパーボーイのコンテストの話ですよね』と指摘すると、久住は『そうです、あの二人が審査員で!』と絶叫。呆れ顔の翔太が『久住さん!あなたは袴田吉彦じゃないんですよ』と諭すと、久住は悲しそうな顔で『じゃあ、あのグランプリもなし?』と肩を落としたのです。ここで語られたのは、袴田が91年に同コンテストでグランプリを受賞した時のエピソードそのもの。当時を知る視聴者は、いくら本人役とはいえブッこんできたな、とほくそ笑んだに違いありません」

 このようにドラマと現実を巧みに織り交ぜる手法でも話題の「あなたの番です」だが、肝心の現実のほうでは、ドラマ顔負けの偽装が行われていたというのだ。前出のテレビ誌ライターが指摘する。

「袴田について語る際には、17年1月に世間をにぎわせた“アパ不貞”を外すわけにはいきません。袴田はこの不貞騒動が原因で、妻で元グラドルの河中あいと離婚に至っています。ところがそんな誰もが知るはずの事件が、なぜかウィキペディアの《袴田吉彦》の記事ではいっさい触れられていないのです。その記事では河中と離婚したことのみが記載されており、その出典へのリンクが貼ってあるものの、リンク先の記事ではアパホテルに関する言及はなし。よもや『あなたの番です』さながらに袴田のプロフィールまで偽装されているのではと、一部の視聴者を驚かせています」

 誰かがアパ不貞についての項目を削除したのだろうか。その真相について、IT系のライターがささやく。

「“袴田吉彦”の記事でアパ不貞について触れていないのは偽装でも何でもなく、あくまでウィキペディアの編集方針に沿った正当な状態です。ウィキペディアはスキャンダルやゴシップのまとめサイトであってはならないとの方針で運営されており、《存命中の人物に関する記事は特に高い基準が求められています》と明確に規定されています。そのため『あなたの番です』が放送されるはるか以前から、袴田の記事にアパ不貞に関する記述は載っていないのです」

 なお、袴田が「ジュノンスーパーボーイコンテスト」でグランプリを受賞したことは、経歴の最初にちゃんと書かれている。こちらは夢として消える心配はなさそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ヤクルト・高津臣吾監督が頭を悩ます山田哲人「年俸5億円の大スランプ」と「三塁コンバート」
2
ロッテ・佐々木朗希「日本ハムに3対1の電撃トレード」謎の投稿が激論に!【2024年5月BEST】
3
【不可解】メッツ・藤浪晋太郎バッチリ投げているのに「60日間の負傷者リスト入り」の手切れ金放出
4
アメリカで今も大真面目に議論される「知的生物ヒト型爬虫類」が人間をマインドコントロール説
5
JR「青春18きっぷ」に異常事態!夏の発売が危うい「リミット」は6月20日