スポーツ

「引退しろ!」松坂大輔、“ゆるすぎる体”でのプロ最短KOに大ブーイング

 中日ドラゴンズの松坂大輔が7月27日、対横浜DeNA戦に今季2度目の先発を任されたが、8失点で1回を持たず降板。これに、ファンからは呆れと怒りの声が広がっている。

「5位に低迷する中、2年ぶりの7連敗中だっただけに、大きな期待をかけられ送られたマウンドでした。昨年9月13日の阪神戦以来、306日ぶりとなった16日の阪神戦では、勝敗はつかなかったものの5回4安打2失点で何とか粘り抜いたものの、27日はアウト1つとるだけで精一杯。メジャー時代も含め最短のKOとボコボコに打ち込まれ、本拠地ナゴヤドームであまりに情けない姿を見せられた観客からは、大ブーイングがあがっていましたよ」(スポーツ紙記者)

 結局、この日は3対12と大敗し、4年ぶりの8連敗。試合後、松坂は即2軍落ちを言い渡され、「明日からファームです。走ってきます」と肩を落としたというが、何より目立ったのが、その“激太り”だ。

「2軍では遠征にも帯同していたようですが、何をやっていたのかというほど体型が“ゆるく”なっていたのは確か。そんな体が絞れてもいない状態のなか、1軍に上げられ16日は何とか耐えられたが、27日は中10日を置いても調整ができていなかったように見えます」(前出・スポーツ紙記者)

 そのためネット上でも〈太りすぎと同時に賞味期限切れ〉〈なぜ節制できないのか〉〈才能に溺れて努力しない典型〉〈さっさと引退しとけ〉と辛らつな声と同時に、〈サボってゴルフなんかしてるからだろ〉といった指摘もあがっている。

「松坂は春季キャンプ中にファンに腕を引っ張られたことで右肩を負傷。そのリハビリ中にゴルフに興じていたことが報じられ、球団からペナルティーを課せられるとともにファンから失望を買っている。松坂は以前から根っからの練習嫌いとも言われ、06年のWBCの合宿中、イチローに『深いところでナメてやってるだろ、舐めてるな』と痛い指摘をされているほど。ゴルフについても当時、擁護する声もありましたが、結果を出せなければ叩かれても仕方ありません」(夕刊紙記者)

 平成の怪物は、平成で終わってしまったのか。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
4
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」
5
大臣になった扇千景が怒りに震えた人間国宝の夫「御開帳ハレンチ写真」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史