スポーツ

「引退しろ!」松坂大輔、“ゆるすぎる体”でのプロ最短KOに大ブーイング

 中日ドラゴンズの松坂大輔が7月27日、対横浜DeNA戦に今季2度目の先発を任されたが、8失点で1回を持たず降板。これに、ファンからは呆れと怒りの声が広がっている。

「5位に低迷する中、2年ぶりの7連敗中だっただけに、大きな期待をかけられ送られたマウンドでした。昨年9月13日の阪神戦以来、306日ぶりとなった16日の阪神戦では、勝敗はつかなかったものの5回4安打2失点で何とか粘り抜いたものの、27日はアウト1つとるだけで精一杯。メジャー時代も含め最短のKOとボコボコに打ち込まれ、本拠地ナゴヤドームであまりに情けない姿を見せられた観客からは、大ブーイングがあがっていましたよ」(スポーツ紙記者)

 結局、この日は3対12と大敗し、4年ぶりの8連敗。試合後、松坂は即2軍落ちを言い渡され、「明日からファームです。走ってきます」と肩を落としたというが、何より目立ったのが、その“激太り”だ。

「2軍では遠征にも帯同していたようですが、何をやっていたのかというほど体型が“ゆるく”なっていたのは確か。そんな体が絞れてもいない状態のなか、1軍に上げられ16日は何とか耐えられたが、27日は中10日を置いても調整ができていなかったように見えます」(前出・スポーツ紙記者)

 そのためネット上でも〈太りすぎと同時に賞味期限切れ〉〈なぜ節制できないのか〉〈才能に溺れて努力しない典型〉〈さっさと引退しとけ〉と辛らつな声と同時に、〈サボってゴルフなんかしてるからだろ〉といった指摘もあがっている。

「松坂は春季キャンプ中にファンに腕を引っ張られたことで右肩を負傷。そのリハビリ中にゴルフに興じていたことが報じられ、球団からペナルティーを課せられるとともにファンから失望を買っている。松坂は以前から根っからの練習嫌いとも言われ、06年のWBCの合宿中、イチローに『深いところでナメてやってるだろ、舐めてるな』と痛い指摘をされているほど。ゴルフについても当時、擁護する声もありましたが、結果を出せなければ叩かれても仕方ありません」(夕刊紙記者)

 平成の怪物は、平成で終わってしまったのか。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
千眼美子、台湾で見せた「肉体の激艶変化」に男性ファンが騒然!
2
鈴木愛らとバチバチ!「しぶこ」が同組で無視される“緊迫バトル”全貌とは?
3
デカすぎる!本田翼、美バスト披露でメイキング映像にアクセス殺到!
4
日テレ水卜麻美、リバウンド指摘もファンから上がった「歓喜の声」!
5
真っ赤ルージュでおクチを開き…千眼美子、「おしゃぶり顔」が艶すぎと大反響